ワロドン

[日本伝承]

名称 ワロドン、オジドン【日本語】
※ ヤマワロの「ワロ」+「殿(ドン)」とも。童殿(ワロドン)。
容姿姿に関する記録はなし。ヤマワロ同様、全身毛むくじゃらの子供のような姿か。
特徴鹿児島県の伝承に登場するカッパの仲間。あるいはヤマワロの仲間。バラバラに切り刻まれても元通りになる。

鹿児島県の山に棲むカッパ!?

ワロドン!

ワロドンは鹿児島県の伝承に登場するカッパ(河童)の仲間である。あるいは山に棲んでいるのでヤマワロ(山童)の仲間とも言えるかもしれない。カッパの中には、川と山を行ったり来たりと大移動する仲間がいる。こういう種類のカッパは、川に棲んでいるときにはカッパと呼ばれるが、山に入るとヤマワロと呼ばれて、別の妖怪に変化(へんげ)する。ヤマワロはカッパでありながら、カッパとは異なる風貌、性質を持っていて、毛むくじゃらの猿のような姿で、山仕事を手伝ってくれたり、さまざまな悪戯をしたりする。ワロドンは山に棲むカッパなので、ヤマワロの仲間と言うこともできる。実際、草野巧は『幻想動物事典』の中で、ワロドンの名前の由来をヤマワロの「ワロ」に「殿(どん)」をつけ加えたものだと説明している。

ワロドンの伝承が残されているのは、肝属郡百引村(きもつきぐんもびきむら)。現在の鹿屋市輝北町百引である(地図参照)。この村の伝承によれば、ワロドンは普段は1メートルくらいの身長だという。けれども、どうやらその大きさを自在に変えることができるようで、馬の足跡に溜まった水たまりの中に、1,000匹ものワロドンが隠れ棲んでいたという伝承もある。そのような水たまりは非常に濁っていて、犬も逃げ出すという。

地図:ワロドンの伝承が残るのはこの村だ!
地図:ワロドンの伝承が残る百引村

バラバラになっても復活するカッパ!?

ワロドンの最大の特徴は、その身体をバラバラに切り刻んでも、しばらくすると元の姿に戻って復活することができるという点だ。ワロドンが元の姿に戻るのを防ぐためには、その肉の一切れを食べてしまえばいいと伝えられているが、ワロドンの復活を阻止するためとは言え、カッパの肉を食べるというのだから、それはそれでものすごい話である。

ちなみに、カッパの伝承の中にも切り落とした腕を取り返しに来るという話があって、カッパの腕も、どうやら再びくっつく性質を持っているようである。ワロドンの能力はそんなカッパの能力を特化させたものなのかもしれない。また、カッパと同様、ワロドンも金物を嫌うという。

ワロドンについて、姿や形に関する言及はほとんどないため、ワロドンが具体的にどのような姿や形をしているのかは、実のところ、よく分からない。でも、ワロドンがヤマワロと同じような仲間の妖怪であるとすれば、おそらくは子供のような姿をしていて、全身が猿のような短い毛に覆われているのだろうと想像することはできる。しばしばヤマワロは一つ目で描かれるので、ワロドンも一つ目なのかもしれない。

《参考文献》