ロノウェ

[魔法書文献]

名称 Ronove(ロノウェ)、Roneve(ロネウェ)【ラテン語】
Ronwe(ロンウェ)
容姿手の長いグロテスクな魔物。
特徴地獄では侯爵兼伯爵。修辞学を含めた諸言語を教える。使い魔を与える。相手の好意を向ける。
出典『デーモン偽君主国』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『地獄の辞典』(1818~1863年)ほか

グロテスクな魔物姿の悪霊!?

ロノウェ、ロネウェ、あるいはロンウェはヨハン・ヴァイヤー(Johann Weyer)の『デーモン偽君主国(Pseudomonarchia Dæmonum)』やソロモン王が書いたとされる魔法書『レメゲトン(Lemegeton)』第1部「ゲーティア(Goetia)」に名前が挙げられている悪霊。その姿については「魔物」のような姿という表現しかないため、具体的にどのような姿なのかは判然としない。しかし、フランスの版画家ブルトン(Louis Breton)は、コラン・ド・プランシー(J. Collin de Plancy)の著作『地獄の辞典(Dictionnaire Infernal)』の中で、牛のような尻尾をはやし、耳が大きく、手が異様に長いグロテスクな悪霊の絵を描いている。

ロノウェは修辞学や諸言語を得意とし、召喚すると、それらを非常に上手に教えてくれるという。また、好意を持ってくれている味方だけでなく、敵対関係にある人間からも好意を向けられるようにしてくれるという。さらには召喚した人間に忠実に従う使い魔も与えてくれるという。

ロノウェは地獄では侯爵と伯爵を兼任しているようで、19個の悪霊の軍隊を指揮しているようだ。

『デーモン偽君主国』のロネウェ

Roneve Marchio & Comes, assimilatur monstro. Singularem in Rhetoricis intelligcntiam confert, famulos item fidos, linguarum cognitionem, amicorum & inimicorum favorem. Huic obediunt legiones novendecim.

ロネウェは侯爵にして伯爵で、魔物に似ている。彼は優れた修辞学の理解、信頼できる従者、諸言語の知識、味方と敵の好意をもたらす。また彼は19個の軍隊を従えている。

(Johann Weyer『PSEUDOMONARCHIA DÆMONUM』)

『レメゲトン』「ゴエティア」のロノウェ

魔法書『レメゲトン』は、ソロモン王が書いたという触れ込みで広まったもので、その第1部「ゴエティア」には、ソロモン王が召喚し、使役したとされる72匹の悪霊が紹介されている。この書物は、16世紀のさまざまな文献をもとにつくられたもので、少なくとも17世紀初頭までは遡ることができる。この書物の中にはソロモン王が使役したという72人の悪霊たちの姿や性格、能力、召喚する際の魔方陣や注意点などが書かれている。

(27.) RONOVE. - The Twenty-seventh Spirit is Ronove. He appeareth in the Form of a Monster. He teacheth the Art of Rhetoric very well and giveth Good Servants, Knowledge of Tongues, and Favours with Friends or Foes. He is a Marquis and Great Earl; and there be under his command 19 Legions of Spirits. His Seal is this, etc.

(27)ロノウェ 27番目の悪霊はロノウェである。彼は魔物の姿で出現する。修辞学の技能をとても上手く教え、忠実な召使いと諸言語の知識を与え、味方および敵対者の好意をももたらす。彼は侯爵にして偉大な伯爵であり、19個の悪霊の軍隊を配下にしている。これが彼の紋章である。

(Mathers & Crowley『GOETIA: The Lesser Key of Solomon the King』)

『地獄の辞典』のロンウェ

Ronwe, marquis et comte de l'enfer, qui apparaît sous la farme d'un monstre; il donne à ses adeptes la connaissance des langues et la bienveillance de tout le monde. Dix-neuf cohortesinfernales sont sous ses ordres.

ロンウェ 地獄の侯爵にして伯爵で、魔物のような姿で出現する。彼は従者、言語の知識、みんなからの好意を得る方法を与える。19個の地獄の軍隊は彼の支配下にある。

(J. Collin de Plancy『Dictionnaire Infernal』)

赤い霧の姿から美声の美少年に変身!?

ちなみに、TRPG『DragonQuest』にはソロモンの72匹の悪霊たちが登場し、詳細な特徴を与えられている。その中で、レノヴェ(Renove)は、何故か「美貌伯(The Beautiful Earl)」という称号が与えられていて、召喚してすぐは赤い霧のような姿で出現するが、術者が命じれば、甘い美声を持った美しい少年の姿に変身するという。修辞学を含む言語学への造詣が深いとされている。