ノルン

[北欧神話]

名称Norn(ノルン)【古ノルド語】 複数形:Nornir(ノルニル)
特徴運命の女神。さまざまな種族にノルンがいるが、一般的には巨人族の三女神のことを言う。
出典『巫女の予言(Vǫluspá)』ほか

運命を司る三女神!?

ノルンは北欧神話に登場する運命の女神。その数は多数いるとされ、種族もさまざまであるという。神々であるアース族(Áss)、妖精であるアールヴ(Álfr)、小人であるドヴェルグ(Dvergr)などのものもいるとされる。しかし、通常、巨人族である三姉妹をノルンとする場合が多い。オージン(Óðinn)ら神々は、巨人族を滅ぼしたと思い込んでいたが、彼女たち三女神の出現により、巨人族が生き残っていたことを知り、平穏な時代は終わりを告げたとされる。

巨人族の三女神はそれぞれ、長女ウルズ(Urðr)、次女ヴェルザンディ(Verðandi)、三女スクルド(Skuld)という名前で、世界樹ユッグドラシッルの根本にあるウルズの泉(Urðarbrunnr,ウルザブルン)の畔に住んでいて、世界樹に泉の水を掛けている。世界樹はニーズヘッグ(Níðhǫggr)によって根を齧られ、滅びようとしているが、ノルンたちがユッグドラシッルに水を掛けることで延命されているのである。

ノルンは運命を支配する女神で、人が生まれたときにその人の将来を定めるためにやって来る。悪意あるノルンと善意あるノルンがいて、一方は悲惨な出来事をもたらし、もう一方はその人を守護する女神となる。しばしば、おとぎ話に3人の魔女が登場する物語がある。最初の2人が素敵な能力などを授けるのに対して、最後の魔女が悲惨な運命を与えるというのがお決まりのパターンだが、これらの魔女たちはしばしばWeird Sistersと呼ばれる。この名前はノルンの一人「ウルザ」に由来する。

ちなみに、ウルズは《運命》、または《未来》を意味する。ヴェルザンディは《~になる》という動詞verðaから派生している。また、スクルドは《~だろう》という動詞shallに関連している。従って、この三女神はいずれも未来のことを司る女神である。しかし、いつの頃か、過去を司るウルズ、現在を司るヴェルザンディ、未来を司るスクルドという解釈が広まった。この解釈は北欧神話の中には見出せない。また、ギリシア神話には運命の三女神であるモイラ(Μοίραたちがいる。ローマ神話では同様の三女神をパルカ(Parca)と呼ぶが、この三女神が北欧神話に影響を及ぼしている可能性はある。