マルパス

[魔法書文献]

名称Malphas(マルパス、マルファス)【ラテン語】
容姿カラスの姿。
特徴地獄では大総統。建築物を建てる。敵の思惑や行動を教える。生け贄を捧げなければ術者を欺く。
出典『デーモン偽君主国』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『地獄の辞典』(1818~1863年)ほか

マルパスはヨハン・ヴァイヤー(Johann Weyer)の『デーモン偽君主国(Pseudomonarchia Dæmonum)』やソロモン王が書いたとされる魔法書『レメゲトン(Lemegeton)』第1部「ゲーティア(Goetia)」に名前が挙げられている悪霊。カタカナ表記を「マルパス」とするか「マルファス」とするかは議論の分かれるところ。一応、「ph」を古代ギリシア語由来のものとして「マルパス」とした。召喚すると、カラスの姿で出現するという。その後、術者が命じればしわがれた声で話す人間の姿をとることもできる。フランスの版画家ブルトン(Louis Breton)は、コラン・ド・プランシー(J. Collin de Plancy)の著作『地獄の辞典(Dictionnaire Infernal)』の中で、コテを持った左官屋のようなカラス人間を描いている。

マルパスは建築を得意とするようで、高い塔などを建ててくれる。また、敵の望み、思考、行動について教えてくれる。使い魔も与えてくれるという。しかし、気を付けなければならないのは、生け贄を捧げると嬉しそうに受け取るクセに、術者を欺くというところ。非常に扱いが難しい悪霊と言える。

マルパスは地獄では大総統の位にいて、40個の悪霊の軍隊を率いているという。

(39.) MALPHAS. - The Thirty-ninth Spirit is Malphas. He appeareth at first like a Crow, but after he will put on Human Shape at the request of the Exorcist, and speak with a hoarse Voice. He is a Mighty President and Powerful. He can build Houses andHighTowers, and can bring to thy Knowledge Enemies’ Desires and Thoughts, and that which they have done. He giveth Good Familiars. If thou makest a Sacrifice unto him he will receive it kindly and willingly, but he will deceive him - that doth it. He governeth 40 Legions of Spirits, and his Seal is this, etc.

(39)マルパス:39番目の悪霊はマルパスである。彼は、最初、カラスのような姿で出現するが、その後、術者命令で人間の姿に変身する。そして、しわがれた声で喋る。彼は強力な大総統である。彼は建物や高い塔を建てることができ、敵の欲していること、考えていること、そして彼らがやってきたことに関する知識をもたらしてくれる。彼はよき使い魔を与える。もし生け贄を捧げれば、やさしく、そして快く受けとるが、汝を欺くだろう。彼は40個の悪霊の軍隊を統治しており、これが彼の紋章である。

(Mathers & Crowley『GOETIA: The Lesser Key of Solomon the King』)