帝江(ディージアーン)

[中国伝承]

名称 帝江〔Dìjiāng〕(ディージアーン)【中国語】
帝江(ていこう)【日本語】
容姿丸い身体に6本の足と4つの翼が生えている。
特徴天山に棲む神さま。歌や舞いを知っている。
出典『山海経』「西山経」

一種異様な姿の神さま!?

帝江(ディージアーン、ていこう)は『山海経』の「西山経」に載っている。以下、そのまんま引用すると、

又西三百五十里,曰天山,多金玉,有青雄黃。英水出焉,而西南流注于湯谷。有神焉,其狀如黃囊,赤如丹火,六足四翼,渾敦無面目,是識歌舞,實惟帝江也。

さらに西へ350里、天山といって、金と玉が多く、青雄黄(二硫化砒素のこと。煉丹術の材料として用いられた)がある。英水が出て、西南へと流れ、湯谷に注ぐ。そこに神さまがいる。その姿は黄色い袋のようで、赤いことは丹(赤土)や火のようで、6本の足、4つの翼があり、丸っとして顔や目がないが、歌や舞いについてよく知っている。まさしくこれが帝江なのである。

(『山海經』「西山經」より)

『山海経』に描かれている江帝の絵は凄まじいもので、まるでハムのような丸い身体に6本の足と、4つの翼が生えている。非常に不気味な、不思議な格好の神さまである。「黄色い袋」と説明しながら「赤い」という形容矛盾が起こっているが、身体の色は黄色く、そこから発する光が赤いのだという話もある。

しばしば、渾沌(フンドゥン、こんとん)という別の怪物と同一視されることがあるが、ファンタジィ事典では別のものとして扱う。