アムピスバイナ

[中世博物誌]

名称 Ἀμφίσβαινα(アムピスバイナ)《両方向に進むもの》【古代ギリシア語】
Amphisbaena,Amphisbæna(アムピスバエナ)【ラテン語】
Amphisbaena(アンフィスバエナ)【英語】
容姿身体の両端に頭がついた蛇。後代には翼や鳥の脚が生えたものもある。
特徴両方に進める。猛毒を吐く。
出典プリーニウス『博物誌』(1世紀)ほか

頭としっぽ、両方に頭がある蛇の怪物!?

アンピスバイナは身体の両端に頭がついた蛇の怪物。日本語では「両頭蛇」などと呼ばれるが、その名前は、古代ギリシア語のἀμφίς(アムピス)《両方に》、βαίνω(バイノー)《進む》に由来する。要するに《両方向に進むもの》という意味で、その名のとおり、前にも後ろにも進むことができるという。1世紀の古代ローマ時代のプリーニウスが『博物誌(Naturalis historia)』で紹介しているが、プリーニウスは「猛毒を吐くのにひとつの口では足らないかのようだ」と説明している。

中世になるとしばしば紋章の題材として描かれるようになる。両端に頭がついている点では変わらないが、鳥の身体やドラゴンの身体を持っていたり、コウモリのような翼がついたり、足がついたりしたデザインで描かれるようになる。でも、こうなってしまうと原義の《両方向に進むもの》ではないような気もする。

ちなみに、学名を体系化したことで知られる博物学者のリンネは、「ミミズトカゲ」という生き物に「amphisbaena」という学名を与えている。このミミズトカゲは、四肢が退化してミミズのような姿になった爬虫類で、ヘビともトカゲとも別の種類に分類されている。通常、ヘビの蛇腹(じゃばら)では後ろに下がることができないが、ミミズトカゲは体の節を伸縮させて移動するため、前にも後ろにも進むことができる。非常に凶暴な性質で、ときには小動物も襲うこともあるというので、まさにアムピスバエナという名前に相応しい生き物である。

《参考文献》