ヘカトンケイル

分 類[ギリシア神話]
名 称 Ἑκατόγχειρ〔Hekatoncheir〕(ヘカトンケイル)《百の手》【古代ギリシア語】
複数形:Ἑκατόγχειρες〔Hekatonchires〕(ヘカトンケイレス)【古代ギリシア語】
容 姿50個の頭と100本の腕を持つ巨人。
特 徴タルタロス(奈落)の門番。
出 典ヘーシオドス『テオゴニアー』(前7世紀)など

ゼウスに加勢した百腕巨人!?

ヘカトンケイルはギリシア神話に登場する100本の手と50個の頭を持つ巨人族である。ウーラノスとガイアから生まれ、コットス、ブリアレオース、ギューゲース(あるいはギューエース)の3名の名前が知られている。その姿を見たウーラノスは、生まれてすぐに彼らをガイアの子宮へと押し戻した。その後、クロノスにも厭われて奈落タルタロスに幽閉されていたが、大神ゼウスによって解放された。ティーターノマキアーではゼウスに加勢し、ティーターンたちに100本の腕で次々と巨大な岩を投げつけてゼウスの勝利に大きく貢献した。ゼウスはティーターンたちを奈落タルタロスに幽閉すると、その門番としてヘカトンケイルをあてがった。3人のうちブリアレオースはポセイドーンの養子となり、海神ポセイドーンに仕えた。呉茂一はヘカトンケイルたちは「波」の擬人化なのではないかとしている。

《参考文献》

  • 『ギリシア・ローマ神話辞典』(著:高津春繁,岩波書店,1960年)

Last update: 2019/01/09

サイト内検索