エンジェル

分 類キリスト教
名 称 מַלְאָךּ(マルアーク)《御使い》【ヘブライ語】
Ἄγγελος(アンゲロス)《使者》【古代ギリシア語】
Angel(エンジェル)《天使》【英語】
ملاك(マラーク)【アラビア語】
容 姿
特 徴
出 典

神様と人間を結ぶ天界の使者!!

エンジェルはユダヤ教、キリスト教における天使のこと。ヘブライ語ではマルアーク。イスラームの天使も基本的には同じ。時代とともにそのイメージは変遷していくため、赤ん坊の顔だけがあって、その周りに翼がはえているような天使、複数の翼を持ち、ウシやライオンなど獣の顔を複数持つ怪物のような天使など、さまざまなものが存在する。サンダルフォンのように身長が天に届くほどという巨大な天使も存在する。もともとは通常の人間と姿の変わらない精霊のような存在だったと考えられているが、ゾロアスター教や古代オリエントの宗教などの影響を受けて、次第に翼をはやした存在になっていった。現代では、一般に翼をはやした中性的な若者の姿で描かれることが多い。5世紀頃、ディオニュシオス・ホ・アレオパギテースが『天上位階論』の中で天使を九階級を定めた。この中でエンジェル(アンゲロス)は九番目の位と定められた。このため、エンジェルというと、この九番目の存在を指す言葉としても用いられる。

《参考文献》

Last update: 2009/06/21

サイト内検索