猰貐(ヤーユイ)

[中国神話]

名称猰貐〔Yàyǔ〕(ヤーユイ)【中国語】
容姿全長80メートルの獣。虎の身体に龍の頭、馬の尾を持つ。
特徴神々の抗争により危に殺され、復活した後、邪悪な怪物となった。駿足で、ものすごい速さで走り回って人々を喰らった。英雄の后羿に射殺された。
出典『山海経』ほか

駿足の怪物、后羿に射殺される!?

猰貐(ヤーユイ,あゆつ)は中国神話に登場する怪物。獣の中で最大とされ、虎の身体に龍の頭、馬の尾を持ち、全長80メートルもある。元々は天の神だったが、神々の抗争により、危(ウエイ,き)という神に殺された。しかし、猰貐は崑崙山にて不死の薬で甦り、それ以降、邪悪な怪物となった。山猫に似て走るのが速く、中原をものすごく速さで走り回り、人を喰らった。そこで、后羿(ホウイー,こうげい)という英雄がこの怪物を退治したという。后羿は、その当時、中国に10個あった太陽を9個を撃ち落とす程の弓の名手だった。

《参考文献》