明王/ヴィドヤーラージャ

[仏教]

名称मिद्या राजा〔Vidyā Rāja〕(ヴィドヤー・ラージャ)【サンスクリット】
明王(ミョウオウ)【日本語】
容姿忿怒の形相。髪を逆立て、さまざまな武器を持つ。炎を背中に纏うことも。
特徴如来の使い。恐ろしい顔を人々を戒め、悟りへと導く。

明王は大乗仏教界のNo.3グループ!?

明王(ミョウオウ)、あるいはサンスクリット(梵語)でヴィドヤー・ラージャ(मिद्या राजा)は恐ろしい形相で人々を真理に導く「ホトケ様」。大抵の「ホトケ様」は慈悲深いが、この明王はそんな慈悲だけでは反省しない人間を戒めたり、懲らしめたりして悟りへと導く。人間には飴だけでなく、鞭も必要だってことだ。

お寺に行けば、たくさんの「ホトケ様」が祀られている。お釈迦さまとか、阿弥陀さま、観音さまなんて有名だ。ちょっとお寺に行ったことのある人なら、お薬師さまとかお不動さまなんて名前も聞いたことがあるだろう。大きなお寺の入り口では2体の金剛力士像が出迎えてくれるし、そこいら辺の道端にはお地蔵さまが祀られている。弁天さまとか大黒さまなんかもよく知られている名前かもしれない。大乗仏教の世界には、実にたくさんの「ホトケ様」が存在する。特に密教の世界にはたくさんの「ホトケ様」が登場する。

でも、本来、「仏(ホトケ)」というのは「仏陀(ブッダ)」のこと。《悟りを開いたもの》という意味のサンスクリットबुद्ध〔Buddha〕(ブッダ)に由来する。だから悟りを開いた存在のことだけを「仏」というのが正しい。原始仏教では、悟りを開いたとされているのはお釈迦さま、すなわち仏教の開祖であるガウタマ・シッダールタ(गौतम सिद्धार्थ,Gautama Siddhārtha)だけだ。だから、お釈迦さまだけが「ホトケ様」なのである。

けれども、仏教がさまざまに発展していく過程で、「ホトケ様」は増えていく。釈迦以外にも悟りを開いた存在が登場するようになるし、悟りを開くために修行中で、悟りの一歩手前の菩薩(ボサツ)(彼らはまだ悟りの境地に到達できていないのだ!)や、優しさだけでは足りない人々を恐ろしい形相で懲らしめ、悟りへと導く明王(ミョウオウ)、バラモン教やヒンドゥー教などの外来の神さまたちまでも取り込んで「ホトケ様」として崇拝するようになっていく。

上座部仏教では、今でもお釈迦さまだけが信仰の対象とされているが、大乗仏教ではさまざまな「ホトケ様」が信仰されている。

さて、そんな大乗仏教世界に無数に存在する「ホトケ様」だが、大乗仏教にはこれらの「ホトケ様」を4つのグループに分けた明確な階層(ヒエラルキー)がある。最高位の如来(ニョライ)に次ぐ第2のグループに位置づけられているのが菩薩(ボサツ)だ(表1)。

表1:大乗仏教の階層(ヒエラルキー)
如来/タターガタ悟りを開いたもの。悟りの境地から人々を救う。
菩薩/ボーディサットヴァ悟りを求めるもの。悟りを開くために目下、修行中。修行しながら人々を救う。
明王/ヴィドヤーラージャ如来の使者。忿怒の形相で人々を戒め、悟りへと導く。
天/デーヴァ天上界に住むもの。仏法を守護し、現世利益をもたらす。

明王(ミョウオウ)というのは密教独特の仏尊で、忿怒の形相で、怒りによって人々を救う。明王の「明」というのはमिद्या〔Vidyā〕(ヴィドヤー)《知識》のことで、転じて不思議な力のある真理の言葉、すなわち「真言」を意味する。明王は真言を自在に操ることができる存在なのである。

明王は人々の悪い心を取り締まり、人々を仏の教えに導く。如来の使者、あるいは不信心な人々を忿怒の形相で脅かして救済するために、如来自らが明王に化身して現れるとされる。如来や菩薩が優しい言葉で諭しても聞く耳を持たない者もいる。そういった場合、明王が忿怒の形相で脅かして反省を迫るのである。

なお、密教には「三輪身(さんりんじん)」という考え方がある。一人のホトケ様が三様の顕れ方をするというのだ。真理そのものとして「如来」になることもあれば(自性輪身)、真理を人々に教え、人々を救う「菩薩」になることもあれば(正法輪身)、菩薩でも教化できない人々や悪を戒め、懲らしめて真理へと導く「明王」になることもあるというわけ(教令輪身)。この解釈に従えば、明王も如来が姿を変えたものということになるので、立派な「ホトケ様」である。