ウァッサゴ

[魔法書文献]

名称Vassago(ウァッサゴ、ヴァッサゴ)【ラテン語】
容姿特に記述なし。アガレスと同様という記述から、鰐に跨り、右手にオオタカを乗せた老人として解釈されることもある。
特徴過去と未来の出来事を明らかにする。また、隠されたものや失ったものを見つけ出す。
出典『レメゲトン』「ゴエティア」

アガレスと同じ性質の悪霊!?

ウァッサゴはソロモン王が使役したとされる72匹の悪霊のうちの1匹で、魔術書『レメゲトン(Lemegeton)』に紹介されている。『レメゲトン』というのはソロモン王が書いた魔術書という触れ込みで広まったもので、少なくとも17世紀初頭までは遡ることができる代物だという。おそらく16世紀のさまざまな文献をもとにつくられたものだろう。ウァッサゴが載っているのは、その中の第一部「ゴエティア(Goetia)」で、ここにはソロモン王が使役したという72人の悪霊たちの姿や性格、能力、召喚する際の魔方陣や注意点などが書かれている。ウァッサゴに関する部分を引用してみたい。

(3.) VASSAGO. - The Third Spirit is a Mighty Prince, being of the same nature as Agares. He is called Vassago. This Spirit is of a Good Nature, and his office is to declare things Past and to Come, and to discover all things Hid or Lost. And he governeth 26 Legions of Spirits, and this is his Seal.

(3)ウァッサゴ:3番目の悪霊は偉大なる大公で、アガレスと同じ性質である。彼はウァッサゴと呼ばれる。この悪霊は善良な性格で、彼の職能は過去と未来の出来事を示すことと、あらゆる隠されたものや失くしてしまったものを見つけ出すことである。そして、彼は26個の悪霊の軍団を支配しており、これが彼の紋章である。

(Mathers & Crowley『GOETIA: The Lesser Key of Solomon the King』より)

『レメゲトン』に登場する悪霊たちはしばしばほかの魔術書に登場する。けれども、ウァッサゴは『レメゲトン』でしか言及されない。姿に関する言及もないし、職能もほかの悪霊たちが持っているものと大差ない。「アガレスと同じ性質」と明記されているように、アガレスの別の側面なのかも知れない。ちなみに数秘術ではIHVH(ヤハウェ)を神聖三角に並べると「72」になるとされている。おそらく『レメゲトン』に挙げられている72匹の悪霊も、この「72」を意識しているので、「72」となるように数合わせで悪霊を掻き集めた可能性もあって、ウァッサゴもそのような数合わせの悪霊なのかもしれない。

盲目の予言者!?

ちなみに、TRPG『DragonQuest』にはソロモンの72匹の悪霊たちが登場し、詳細な特徴を与えられている。その中で、ウァッサゴは痩せた骸骨のような老人の姿で描かれ、アガレス同様、大きな鰐(わに)にまたがり、オオタカを右手に乗せているとされている。また、盲目で、異次元を見ているという独特の特徴も加えられている。

日本のさまざまな文献でウァッサゴが紹介されるときに挙げられるこれらの特徴は、実はTRPG由来のものであるので、注意が必要である。