ヴァルキュリャ

[北欧神話]

名称 Valkyrja(ヴァルキュリャ)《戦死者を選ぶもの》【古ノルド語】
※ valr《戦場の死体》+kjόsa《選ぶ》で《戦死者を選ぶもの》
Walküre(ヴァルキューレ,ワルキューレ)【ドイツ語】
Valkyrie(ヴァルキリー)【英語】
容姿鎧兜に身を包んだ乙女。
特徴戦場で勇敢な戦士を選び、命を奪い、最高神オージンの支配下の戦士とする。
出典『巫女の予言』、『グリームニルの歌』、ワーグナー『ニーベルングの指環』ほか

勇敢な戦士をあの世に連れ去る乙女!?

ヴァルキュリャは北欧神話に登場する乙女の姿をした戦士たちのこと。神話の中では、半女神的な存在である。日本語では「戦乙女」などと記述されることもある。オージン(Óðinn)に仕える美しい乙女たちだが、その姿は勇ましく、全身を鎧兜で包み、馬にまたがって戦場を駆け巡る。

Valkyrja(ヴァルキュリャ)というのは古ノルド語で《戦死者を選ぶもの》という意味であるが、ドイツ語のヴァルキューレ(ワルキューレ)とか、英語のヴァルキリーという表記の方が、日本ではよく知られているかもしれない。ヴァルキュリャたちは、その名前が示す通り、戦場で勇敢な戦士を見つけ出すと、槍で突き刺してその命を奪う。もちろん、これは最高神オージンの意思である。こうやってヴァルキュリャに殺された戦士たちは、死後、オージンのもとへ連れて行かれ、ヴァルホッル(Valhǫll)という大広間でエインヘリャル(Einherjar)として歓待される。エインヘリャルたちは、神々と巨人族との最終戦争であるラグナロク(Ragnarøk)の際に、オージンの軍勢として、神々と一緒になって巨人族と戦う役目を負っている。そのため、毎朝、互いに殺し合いをして互いの技を鍛えている。夕方になると再び復活して、オージンとともに宴を楽しむ。こうして、再び、夜が明けるとまたお互いに殺しあう。こうして果てしない戦いを繰り広げるのである。ヴァイキングたちはこのエインヘリャルになることを名誉とし、憧れていたという。

オージンの館で戦士たちをおもてなし!?

ヴァルキュリャたちは戦死者を選別するだけではない。ヴァルホッルでエインヘリャルたちを歓待するのもヴァルキュリャたちの重要な役目だった。毎晩、エインヘリャルたちのために踊ったり、歌ったり、あるいは蜂蜜酒(ミャザル,Mjaðar)を注いだりしてエインヘリャルを楽しませるという。

さまざまなヴァルキュリャの名前が知られている。オージンの命に背いてアウザブロージル王を助けてしまったブリュンヒルド(Brynhildr)や運命の女神ノルン(Norn)の一人であるスクルド(Skuld)などがヴァルキュリャとしてよく知られている。

《参考文献》