ユニコーン

[ヨーロッパ伝承]

名称 Μονόκερως(モノケロース)《一本角》【古典ギリシア語】
Unicornis(ウーニコルニス)《一本角》【ラテン語】
Unicorn(ユニコーン)《一本角》【英語】
容姿額に一本角を生やした獣。一角獣。
特徴獰猛。毒を治す。乙女に弱い。
出典クテーシアス『インド誌』(前4世紀),プリーニウス『博物誌』ほか

一本の角をはやした獰猛な怪物!?

ユニコーンは額から一本の角をはやした美しい白馬の怪物である。日本では「一角獣」などと訳される。聖獣として幻想的な姿で想像されることが多いが、初期の頃は現在のイメージとは似ても似つかぬ怖ろしい怪物で、古代ローマには、非常に獰猛で残酷な猛獣として描かれることが多かった。プリーニウスの『博物誌』によれば、胴体はウマ、頭は雄シカ、脚はゾウ、尾はイノシシのようで、黒い角は1メートルほど。噛みついたり、脚で蹴っ飛ばしたり、額の角でゾウさえも一撃で刺し殺すとされていた。生け捕りにするのは非常に難しいという。

紀元前4世紀のクテーシアス(Κτησίας)の『インド誌(Τα Ἰνδικά)』(45節)やアイリアノスの『動物の本性について』(4巻52章)では一本の角をはやした野生のロバと説明されていて、角の持つ解毒作用について述べられている。ユニコーンの角でつくった盃で飲み物を飲んだ人間はさまざまな病にかからなくなるとされ、また、すでに飲んでしまった毒をも治癒してくれると説明されている。この角が持つ効果のために、ユニコーンを捕らえようとする人も多かったという。実際、中世ヨーロッパではイッカクの牙がユニコーンの角として売買されていた。ユニコーンは処女には心を許すとされ、乙女の膝枕で眠っているところを捕獲すればいいとされ、しばしば乙女とともに描かれた。

In India there are wild asses [rhinoceroses] as large as horses, or even larger. Their body is white, their head dark red, their eyes bluish, and they have a horn in their forehead about a cubit in length. The lower part of the horn, for about two palms distance from the forehead, is quite white, the middle is black, the upper part, which terminates in a point, is a very flaming red. Those who drink out of cups made from it are proof against convulsions, epilepsy, and even poison, provided that before or after having taken it they drink some wine or water or other liquid out of these cups. The domestic and wild asses of other countries and all other solid-hoofed animals have neither huckle-bones nor gall-bladder, whereas the Indian asses have both. Their huckle-bone is the most beautiful that I have seen, like that of the ox in size and appearance; it is as heavy as lead and of the color of cinnabar all through. These animals are very strong and swift; neither the horse nor any other animal can overtake them. At first they run slowly, but the longer they run their pace increases wonderfully, and becomes faster and faster. There is only one way of catching them. When they take their young to feed, if they are surrounded by a large number of horsemen, being unwilling to abandon their foals, they show fight, butt with their horns, kick, bite, and kill many men and horses. They are at last taken, after they have been pierced with arrows and spears; for it is impossible to capture them alive. Their flesh is too bitter to eat, and they are only hunted for the sake of the horns and huckle-bones.

ユニコーンが気高く美しい聖獣になったのは中世以降で『フィシオロゴス』による影響が大きい。獰猛ながら汚れなき乙女の前では従順になるという、まさに中世の騎士道精神に相応しい獣とされるようになっていった。