ウマシアシカビヒコヂ

[記紀神話]

名称 宇摩志阿斯訶備比古遲神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)〔古〕、可美葦牙彦舅尊(ウマシアシカビヒコヂノミコト)〔記〕【日本語】
特徴天地開闢で4番目にこの世に出現したこの神さま。豊かな国土、豊かな生命力を象徴する。脂のように定まらなかった国土を固めた。
出典『古事記』、『日本書紀』ほか

脂のような国土を固めた葦の芽の豊かさを象徴する神さま!?

『古事記』において、アメノミナカヌシ(天之御中主神)タカミムスヒ(高御產巢日神)カミムスヒ(神產巢日神)の造化三神が誕生した後に誕生した神さま。まだ国土が水に浮かぶ脂のようで、クラゲのように混沌と漂っていたときに、葦が萌え出るようにして誕生したとされる。国土の成長力を神格化したもので、造化三神、ウマシアシカビヒコヂ、そしてその後に誕生したアマノトコタチ(天之常立神)と合わせて「別天神(ことあまつかみ)」と呼ばれる。『日本書紀』にも登場するが、第2・第3の一書、あるいは第6の一書に名前が挙げられるのみである。

「ウマシ」は「良いもの」を意味する尊称、「アシカビ」は葦の芽、「ヒコヂ」とは立派な男性のことで、「立派な葦の芽の男性の神」という意味である。記紀神話において、しばしば「葦」は豊かな国土、豊かな生命力の象徴として用いられる。ウマシアシカビヒコヂも、葦の芽に象徴されるような万物の生命力を神格化した神さまであると考えられていて、一般に活力を司る神とされる。

なお、「ヒコヂ」とは立派な男性を意味するが、別天神は5柱とも獨神で、性別のない神さまであるため、「ヒコヂ」は泥を意味する「コヒヂ」が転化したものではないかとも言われている。泥であれば、まさに葦が芽吹く土地を意味することになる。

ウマシアシカビヒコヂは出雲大社(島根県)の本殿御客座、浮嶋神社(愛媛県)などに祀られている。