タカミムスヒ

[記紀神話]

名称 高御產巢日神(タカミムスヒノカミ)、高木神(タカギノカミ)〔記〕、高皇産靈尊(タカミムスヒノミコト)〔紀〕【日本語】
特徴天地開闢で2番目にこの世に出現した生成を司る神。天津神のリーダー。
出典『古事記』、『日本書紀』ほか

生成を司る高天原のリーダー!?

『古事記』の中で、天地の初めにアメノミナカヌシ(天之御中主神)に次いで出現した神さま。続いて出現したカミムスヒ(神產巢日神)とともに「造化三神」と呼ばれる。タカミは尊称、ムスは生産や生成、創造を、ヒは霊力を意味していて、「偉大な生成の霊力」を象徴する神さまとされる。『日本書紀』では一書の第四に登場するのみであるが、皇室と関係の深い神としてたびたび神話に顔を出す。タカギ(高木神)とも呼ばれているので、もしかしたら元々は「高木」が神格化されたものなのかもしれない。

タカミムスヒはカミムスヒと対になって表現されることが多い。カミムスヒがオオクニヌシ(大國主神)などの出雲系の国津神(くにつかみ)を手助けする役割を持つのに対して、タカミムスヒは高天原(たかまのはら)にいてアマテラス(天照大御神)の上に立って天津神(あまつかみ)を指揮している。いわば天津神のリーダー的存在である。タカミムスヒもカミムスヒも、基本的には獨神であり、性別はないが、タカミムスヒが男性的な性格を、カミムスヒが女性的な性格を持っていて、アメノミナカヌシを中心にそれぞれ対になって陰陽の働きをしていると捉える解釈も存在する。

『古事記』では獨神としてすぐに身を隠したとあるが、その後もしばしば神話の中に登場する。天孫降臨の際には、タカギと呼ばれており、主神であるアマテラスの上に立って指示を出し、さまざまな神々を葦原中國(あしはらのなかつくに)に派遣している。このとき、アメノワカヒコ(天若日子)を派遣したが、彼がまるで復命しないばかりか、それを問責するために派遣されたナキメ(鳴女)を射殺したことに腹を立て、アメノワカヒコの放った矢を跳ね返して殺している。また、国譲りの神話でもアマテラスとともにオオクニヌシに圧力をかけ、国譲りを迫っている。神武天皇が熊野から大和に侵攻する際も夢に登場し、彼に霊剣・布都御魂(フツノミタマ)を授け、ヤタガラス(八咫烏)を派遣して手助けしている。

また、天孫降臨の神であるニニギ(邇邇藝命)の母親であるヨロズハタトヨアキツヒメ(萬幡豐秋津師比賣命)、知恵の神であるオモヒカネ(思金神)はタカミムスヒの子供であるとされる。ニニギは葦原中國を治めるために地上に降り立ち、皇室の祖先となった神さまである。従って、その祖父であるタカミムスヒも皇祖神として敬われている。

生成神という性格が農耕や生産に関係しているため、豊作を祈る祈年祭や収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい)など、農耕に関係する祭礼で祀られる。