叢原火(ソウゲンビ)

[日本伝承][妖怪]

名称叢原火(ソウゲンビ)、宗源火(ソウゲンビ)【日本語】
容姿鬼火。火の中には苦悶の僧侶の顔が浮かび上がっている。
特徴鬼火の一種。盗みを働いた僧侶が死後、鬼火になったもの。
出典鳥山石燕『画図百鬼夜行』ほか

盗みを働いた僧侶、死後、鬼火となる!?

叢原火(ソウゲンビ)は鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に登場する鬼火の妖怪。宗源火(ソウゲンビ)とも書く。京都の壬生寺の周辺に出没するという。鳥山石燕の『賀図百鬼夜行』には次のような記述がある。

洛外西院の南、壬生寺のほとりにあり。俗これを朱雀の宗源火といふ。

(鳥山石燕『画図百鬼夜行』「陽」)

鬼火の妖怪で、火の中には、苦悶の表情を浮かべる僧侶の顔が浮かび上がっている。生前、壬生寺のお賽銭や灯明の油を盗んでいた宗源(そうげん)という僧侶が、死後、仏罰として鬼火になったと伝えられている。

《参考文献》