サラマンダー

[ヨーロッパ伝承]

名称Σαλαμάνδρα〔Salamandra〕(サラマンドラ)【古代ギリシア語】
Salamandra(サラマンドラ)【ラテン語】 Salamander(サラマンダー)【英語】
容姿トカゲ。一説では皮膚の色は白いとも。
特徴火の精霊。炎の中で生きることができるトカゲ。その皮でつくった衣服は、炎に投じると汚れていても真っ白になる。卑金属が貴金属になる適温で炉の中に出現するとも。火山地帯に棲んでいるとも。
出典パラケルスス『妖精の書』ほか

卑金属が貴金属に変わる適温に炉の中に踊る火トカゲ!?

サラマンダーは中世ヨーロッパの伝承に登場する火トカゲ。16世紀の錬金術師パラケルススが『妖精の書』の中で言及している。パラケルススは古典的な四元素説を下敷きに、地・水・風・火の四大元素には、それぞれ精霊が宿っていると考えた。火に宿っていると考えられた精霊が、サラマンダーである(『妖精の書』はドイツ語で書かれているので、正確には「ザラマンデル」という発音になる)。これはラテン語のSalamandra(サラマンドラ)《山椒魚》に由来すると考えられる。一部の山椒魚は、焚き火などに遭遇すると、湿った地面に潜り、表面の粘液で火傷を防ぐ性質があるらしい。まるで炎の中から這い出てくるように見える。このことから、火の中でも生きられる存在として、火の精霊に選ばれたのだろう。

錬金術では、鉛のような卑金属を黄金などの貴金属に転換する術が使われるが、この卑金属から貴金属に転じる最適な温度になると、炉の中にサラマンダーが出現すると信じられた。そのため、しばしば、錬金術の書物には、炉の中にサラマンダーが描かれる。

その皮は、炎の中に投じると新品に逆戻り!?

サラマンダーの皮でつくった衣服は洗濯する必要はなく、どれだけ汚れても、炎の中に投じれば、再び真っ白になるという。そのため、サラマンダーの皮は非常に高価なものとして人々に求められた。しかし、サラマンダーは灼熱の火山地帯に棲んでいて、火傷しないでサラマンダーを捕えるためには、サラマンダーの皮でつくった手袋と長靴が必要だとされる。まさにパラドックスである。中世には、実際、サラマンダーの皮が販売されていたことが記録されている。これは理科の実験などで使う石綿であった。

中国では炎の中に棲むネズミ!?

中国にも似たような存在として、火鼠(かそ)という動物が伝わっている。この動物もサラマンダー同様、火山地帯に棲む鼠(ねずみ)で、火の中に暮らしている。その火鼠の毛を織ってつくった布は「火浣布(かかんふ)」と呼ばれ、火に燃えず、汚れても火に入れると真っ白になるという。これも実際には石綿のことだと考えられている。日本にもこの伝承は伝わっていて、「竹取物語」の中で、かぐや姫が結婚の条件として阿倍御主人(あべのみうし)に突き付けたのが、「火鼠の裘(ひねずみのかわごろも)」を持ってくることだった。彼は唐の商人から購入して持参するが、これは贋作で、かぐや姫が火の中に投じたら燃えてしまったという。