ローン

[スコットランド伝承]

名称Roane(ローン)《アザラシ》【スコットランド語】
容姿海中ではアザラシ。陸上ではアザラシの皮を脱いで人間と同じ姿。
特徴アザラシの皮をまとって海中に集団で暮らす。

海中でアザラシの皮を纏う妖精!?

ローンはスコットランド伝承に登場する海に棲む妖精。roaneというのはスコットランド高地の言葉で《アザラシ》という意味である。スコットランドでは、そもそもアザラシは妖精と考えられていた。海の中にいるときにはアザラシの皮を着ているが、陸に上がるときにはその皮を脱いで人間と同じような姿になるのである。ローンというのはスコットランドの西北に位置するヘブリディーズ諸島に伝わるアザラシ妖精たちのことで、スコットランド北東に位置するオークニー諸島やシェットランド諸島にはセルキー(Selkie)という似たようなアザラシ妖精たちが棲んでいる。

アザラシの皮を隠して妖精と結婚だ!?

ローンと人間の結婚譚として、日本の羽衣伝承のような話が知られている。ローンは海を泳ぐためにはアザラシの毛皮が必要になるが、あるとき、美しいローンの乙女を見つけた男性が、アザラシの皮を手に入れて、彼女を妻にするのである。しかし、どれだけ幸せな結婚生活を送っていても、ローンがアザラシの皮を発見してしまった場合には、彼女はそれを纏って海の仲間たちの元へ戻ってしまうのである。

ノース・ユイスト島のマック・コドゥム族はアザラシ族の子孫として知られている。ローンの乙女と人間の間に生まれた子供の末裔なのだという。

ローンはとても温厚な種族だとされる。漁師たちがアザラシを傷つけたときにも、復讐しようとするのではなく、人間の姿になって、仲間を傷つけないように頼みに来たのである。これがスコットランド北東のセルキーだったら、ひどい嵐を起こして、人間たちは海で命を落とすこともある。

《参考文献》