ラウム

[魔法書文献]

名称Raum(ラウム)、Raym(ライム)【ラテン語】
容姿カラスの姿で出現。その後、人間の姿に変身する。
特徴地獄では伯爵。財宝を盗み出し、運搬する。都市を破壊し、威厳を侮辱する。敵・味方を調停する。
出典『デーモン偽君主国』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『地獄の辞典』(1818~1863年)ほか

王族に対する窃盗、都市の破壊など、かなり過激な悪霊!?

ラウムは、ヨハン・ヴァイヤー(Johann Weyer)の『デーモン偽君主国(Pseudomonarchia Dæmonum)』やソロモン王が書いたとされる魔法書『レメゲトン(Lemegeton)』第1部「ゲーティア(Goetia)」に名前が挙げられている悪霊で、召喚されたときにはカラスの姿で出現する。その後、術者が命じれば人間の姿をとることもできる。なお、TRPG『DragonQuest』では、血に濡れた爪のカラスという設定が追加されている。

地獄では伯爵の地位にあり、30個の悪霊の軍団を支配している。かつて、天使だった時代には、上から3番目の地位である座天使に在籍していたという。彼は王の城などから財宝を勝手に盗み出して、術者に命じられた場所へと運搬する。また、都市を破壊したり、威厳を侮辱したりする。その他の悪霊たちによくあるように、過去、現在、未来のことについて知っていて、教えてくれる。また、敵と味方の間に友好関係を築くように仕向けることもできるという。

『デーモン偽君主国』のラウム

Raum vel Raym Comes est magnus: Ut corvus visitur: Sed cum assumit humanam faciem, si ab exorcista jussus fuerit, mirè ex regis domo vel alia suffuratur, & ad locum sibi designatum transfert. Civitates destruit: Dignitatum despectum ingerit. Novit præsentia, præterita & futura. Favorem tam hostium quam amicorum conciliat. Fuit ex ordine Thronorum. Præest legionibus triginta.

ラウム、あるいはライムは偉大なる伯爵である。彼はカラスとして姿を現すが、術者の命令で人間の姿に変身する。彼は王の家から素晴らしい財宝を盗み出し、それを指定されたどんな場所へも運ぶ。彼は都市を破壊し、威厳を侮辱する。彼は過去、現在、未来の事柄を知っていて、味方と敵との間を調停する。彼はかつては座天使の地位にあったが、現在は30個の軍隊を統治している。

(Johann Weyer『PSEUDOMONARCHIA DÆMONUM』)

『レメゲトン』「ゴエティア」のラウム

魔法書『レメゲトン』は、ソロモン王が書いたという触れ込みで広まったもので、その第1部「ゴエティア」には、ソロモン王が召喚し、使役したとされる72匹の悪霊が紹介されている。この書物は、16世紀のさまざまな文献をもとにつくられたもので、少なくとも17世紀初頭までは遡ることができる。この書物の中にはソロモン王が使役したという72人の悪霊たちの姿や性格、能力、召喚する際の魔方陣や注意点などが書かれている。

(40.) RAUM. - The Fortieth Spirit is Raum. He is a Great Earl; and appeareth at first in the Form of a Crow, but after the Command of the Exorcist he putteth on Human Shape. His office is to steal Treasures out King's Houses, and to carry it whither he is commanded, and to destroy Cities and Dignities of Men, and to tell all things, Past and What Is, and what Will Be; and to cause Love between Friends and Foes. He was of the Order of Thrones. He governeth 30 Legions of Spirits; and his Seal is this, which wear thou as aforesaid.

(40)ラウム:40番目の悪霊はラウムである。彼は偉大な伯爵で、はじめはカラスの姿で出現するが、その後、術者の命令で人間の姿をとる。彼の職能は王の家から財宝を盗み出すこと、命令されたどんな場所でもそれを運搬すること、そして都市や人間の威厳を破壊すること、過去、現在、未来のあらゆる事柄を教えること、味方と敵の間に愛情を引き起こすことである。彼はかつては座天使の地位にいて、現在は30個の悪霊の軍隊を支配している。そしてこれが汝が胸の前で纏うべき彼の紋章である。

(Mathers & Crowley『GOETIA: The Lesser Key of Solomon the King』)

『地獄の辞典』のラウム

Raum, grand comte du sombre empire; il se présente sous la forme d'un corbeau lorsqu'il est conjuré. Il détruit des villes, donne des dignités. Il est de l'ordre des Trônes et commande trente légions.

ラウム 陰鬱なる帝国の偉大なる伯爵で、召喚されたときにはカラスの姿で出現する。彼は都市を破壊し、威厳を与える。彼は座天使の地位にいて、30個の軍隊を指揮している。

(J. Collin de Plancy『Dictionnaire Infernal』)