ウーラノス

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Οὐρανός(ウーラノス)《天空》【古代ギリシア語】
Caelus(カエルス)、Coelus(コエルス)【ラテン語】
特徴天空神。ガイア(地)との間にティーターン族などの神々を儲けた。最初の神々の王。息子クロノスに去勢されて隠居した。
出典ヘーシオドス『テオゴニアー』(紀元前7世紀)ほか

天空神、初代神々の王に!?

ウーラノスはギリシア・ローマ神話に登場する天空神。母なる大地ガイアから生まれ、ガイアと夫婦になることで、ウーラノスはこの世界の最初の支配者になった。

ヘーシオドスの語る創世神話によれば、原初には何もなかったという。しかし、あるとき、カオス(穴っぽこ)が生じ、その穴っぽこの中にガイア(地)が生じた。我々の暮らすこの大地の誕生である。ガイアは誰とも交わることなく、たった独りでウーラノス(天)、オロス族(山々)、ポントス(海)を産み出し、エロース(性愛)の働きによってウーラノスと夫婦になった。こうしてウーラノスが最初の神々の王となり、ウーラノスとガイアからはギリシア・ローマ神話に登場するさまざまな神々が生まれていったのである。

天地分離の神話:ウーラノス、息子に去勢される!?

ウーラノスはガイアとの間にヘカトンケイル族(百腕巨人)、キュクロープス族(一眼巨人)、ティーターン族を儲けたが、ウーラノスはヘカトンケイル族とキュクロープス族の姿があまりに異形であったことから彼らを恐れ、彼らをガイアの子宮に押し戻してしまった。これに苦しみ、腹を立てたガイアはティーターン族を呼び出して、ウーラノスへの報復を呼び掛けた。尻込みする子供たちの中で、末子のクロノスが名乗りをあげたため、ガイアはアダマス(金剛)の鎌を産み出すとクロノスに与え、ある作戦を授けた。

夜になってウーラノスはニュクス(夜)を引き連れてガイアのところへやってきて、ガイアに交わろうと覆い被さった。隠れていたクロノスは飛び出していくと、金剛の鎌で父親の生殖器を斬り落とした。

こうして天と地は切り離され、ヘカトンケイル族とキュクロープス族が飛び出してきた。ウーラノスの陰部から流れる血液はガイアへと降り注ぎ、そこからエリーニュス族(復讐)、ギガース族(巨人)、メリア族(トネリコの樹)が生まれたという。また、一説によると、ウーラノスの生殖器は海に落ち、そこから泡が生じた。その泡からアプロディーテーが誕生したという。

ウーラノスは以降、クロノスに王の座を明け渡すと、神話の表舞台からは消える。その後、ガイアは今度はポントスと交わって、ネーレウスなどの海の一族を産み出している。

元来、天は暗いもの!?

古代ギリシア人は、天は本来、暗いものであると考えていたようで、「星を散りばめた」ウーラノスなどと呼んでいる。また、ガイアと交わろうとしたときにも、ウーラノスはニュクス(夜)を伴って大地へ降りてきている。昼間に空が明るいのは、アイテール(光)が上空で輝いているからである。

《参考文献》