ネフィリム

[ユダヤ・キリスト教]

名称 Nephilim(ネフィリム)【英語】
Nephilim(ネピリム)【ラテン語】
נְפִילִים(ネフィリム、ネピリム)【ヘブライ語】
容姿巨人。
特徴天使と人間の間に生まれた。食欲旺盛で人間の食べ物を食べ尽くした後、お互いに共喰いした。神は彼らを絶滅させるために大洪水を引き起こした。
出典『創世記』『民数記』『ヨベル書』『エノク書』ほか

天使と人間の間に生まれたのは巨人でした!?

ネフィリムは『旧約聖書』などにその名前が登場する巨人族。名前の意味はヘブライ語で《(天から)落ちてきた者たち》という意味があるとされる。

『旧約聖書』の「創世記」第6章1~4節では、神の子たちが人間の娘たちの美しさに魅了され、各々が選んだものを妻にしたと記述されている。こうして生まれたのがネフィリムで、英雄になったという。同じ旧約聖書の「民数記」第13章32~33節では、カナアンに偵察に行った一隊がモーセに巨人の存在について報告している場面がある。アナク人たちは巨人で、ネフィリムの子孫なのだという。

旧約聖書外典『ヨベル書』の第7章21~23節には、巨人たちが人間の娘たちを娶り、そこから生まれたのがネフィリムであると説明されている。ネフィリムたちは互いに共喰いし、殺し合ったという。旧約聖書偽典の『第1エノク書』第7章には、グリゴリと呼ばれる天使の一団が地上に降りてきて、人間の娘たちを妻にし、交わったという。ここから体長3000キュビット(およそ1350メートル)の巨人たちが生まれたという。そして人間たちの食べ物を食べ尽くすと、今度は共喰いを始めた。この様子を見た神は大洪水を引き起こし、ネフィリムたちを絶滅させようとしたという。つまり、聖書の大洪水の原因はこのネフィリムたちにあったというわけである。また、バベルの塔を建設したのもネフィリムたちなのだとする説もある。

ちなみに、巨人はその後も聖書に登場し続ける。神はネフィリムの絶滅を図ったが、大洪水の後もその一部は生き残ってしまったということになる。この事実から、後世、オグという巨人だけはノアの箱舟に乗って生き残ったという伝説が誕生した。一説によると、オグは箱舟の上にしがみついてこの大洪水を生き残ったのだという。

《参考文献》