ネメアーのライオン

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Λέων της Νεμέας(レオーン・テース・ネメアス)【古代ギリシア語】
容姿巨大なライオン。
特徴毛皮は固く、武器が効かない。不死身のライオン。
出典ヘーシオドス『テオゴニアー』、アポッロドーロス『ビブリオテーケー』ほか

武器が効かない不死身のライオン!?

ネメアーのライオンはネメアーの渓谷に棲んでいた巨大なライオン。固有名詞は与えられていない。一般的にはキマイラ(Χίμαιρα)オルトロス(Ὄρθροςの子とされるが、エキドナ(Ἔχιδναテューポーン(Τυφῶνの子とされることもある。ネメアーのライオンは通常のライオンよりも大きく、また、その毛皮は非常に固く、矢や棍棒なんかでは傷一つつけられない不死身のライオンだった。女神ヘーラー(Ήραに育てられ、人間たちの災いとするためにネメアー渓谷に送られ、周辺の人や家畜を襲っていたという。

英雄ヘーラクレース(Ηρακλής)の12の苦行の最初の苦行が、このネメアーのライオン退治だった。ヘーラクレースはネメアーの渓谷にやってくると、ライオンに向かって射掛けた。しかし、その毛皮は矢を弾き返してしまう。固い毛皮は怪物に傷一つ与えられなかったのだ。ネメアーのライオンは2つの入り口のある洞窟へと逃げ込んだ。ヘーラクレースはそのうち一方を塞ぐと、棍棒片手に洞窟へと入っていった。武器が効かない不死身の怪物に対し、ヘーラクレースは素手で首を締め上げると、窒息させて殺したのである。その後、ヘーラクレースはこのライオンの毛皮を身に纏い、厳しい冒険を潜り抜けたのである。

ちなみに、退治されたネメアーのライオンは、女神ヘーラーによって天に上げられ、獅子座になったという。

地図:ネメアーのライオン、暴れまわる!?
地図:ネメアーのライオン、暴れまわる!?

《コラム:ヘーラクレースの出生と12の苦行について》

あるとき、ゼウス(Ζεύςはアルクメーネーという人間の女性に惹かれた。彼女は英雄ペルセウスの孫娘だったが、貞淑な妻で、ゼウスがいくら口説いても、夫であるアムピトリュオーン以外の男性へは心を開かなかった。そこでゼウスはアムピトリュオーンが不在のときを狙って、アムピトリュオーンに変身して想いを遂げた。こうして生まれたのがアルカイオス、後のヘーラクレースである。ゼウスはこの子をミュケーナイの王にすべく、アルクメーネーが産気づいたときに、「今日最初に生まれたペルセウスの子孫がアルゴスの支配者になる」と宣言した。ゼウスの不貞に腹を立てていた女神ヘーラーはこれを阻止すべく、お産の女神エイレイテュイアにアルクメーネーの出産を遅らせ、一方、同じくペルセウスの子孫で、まだ7か月だったエウリュステウスの方を先に誕生させた。こうして、ゼウスの思惑は覆された。

立派に成人し、めきめきと頭角を表したヘーラクレース。テーバイ王の娘メガラーと結婚し、3人の子供にも恵まれ、幸せに暮らしていた。しかし、ヘーラーはそれに不服だったらしい。ヘーラクレースに狂気を送り込んだ。気が触れたヘーラクレースは子供たちを火の中に放り込んで殺してしまう。妻のメガラーはショックで自殺してしまった。ヘーラクレースは我に返って、途方に暮れる。果たして、この罪を償うにはどうすべきか。彼はデルポイに赴き、アポッローン(Ἀπόλλωνの神託を伺った。こうして、「ミュケーナイ王エウリュステウスに仕えて苦行を果たせ」という神託が下った。エウリュステウス王は、ヘーラクレースが王位を簒奪しに来たのではないかと恐れ、さまざまな無理難題を押し付ける。こうして、ヘーラクレースはエウリュステウスが出す困難な12のミッションを次々とクリアーしていくのである。

《参考文献》