ナベリウス

[魔法書文献][悪魔学]

名称Naberius(ナベリウス)【ラテン語】
Naberus(ナベルス)、Cerberus(ケルベルス)【ラテン語】
容姿黒い鶴の姿をした悪霊。ブルトンの版画では3種類の犬の頭に鳥の下半身を持った貴族風の悪魔。
特徴人文科学、自然科学を教える。特に修辞学が得意。地獄では侯爵で、19個の悪霊の軍隊を率いている。
出典『プセウドモナルキア・ダエモヌム』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『グラン・グリモワール』(18世紀頃)ほか

黒い鶴、魔法陣の周りをパタパタと飛び回る!?

ナベリウスはソロモン王が使役したとされる72匹の地獄の悪霊の1匹で、ヨーハン・ヴァイヤーの『プセウドモナルキア・ダエモヌム』や『ゴエティア』などの中世の魔法書文献に登場する。彼は地獄の侯爵で、19個の悪霊の軍隊を支配下に置いているという。召喚者が呼び出すときには黒い鶴の姿で出現し、魔法陣の周りをパタパタと飛び回る。嗄れた声で喋り、学芸(アート)と学術(サイエンス)を教えてくれるが、特に修辞学に長けているという。また、社会的あるいは宗教的に失われてしまった地位や称号を取り戻してくれる。

『グラン・グリモア』に登場する地獄の総監察官であるネビロスの支配下にあるとも、ナベリウス自身がネビロス本人なのだとも言われている。別名で「ケルベロス」と呼ばれることもあるようで、ギリシア・ローマ神話のケルベロスと関連付けられることもある。フランスの悪魔学者コラン・ド・プランシーは『地獄の辞典』の中で、ナベリウスを「ケルベロス」の項目で扱っている。そこにはブルトンの版画による挿絵がついていて、3種類の犬の頭を持ち、下半身が鳥の姿で、サーベルを腰から下げた貴族風のコミカルな悪魔が描かれている。

ブルトンの描いたナベリウス
ブルトンの描いたナベリウス

『悪魔の偽君主国』に登場する鶴の悪魔ナベルス!?

魔術師アグリッパの弟子として知られるヨーハン・ヴァイヤーが著した『プセウドモナルキア・ダエモヌム』の中にナベリウス(本文ではナベルス)が登場する。

Naberus, alias Cerberus, Marchio est fortis, forma corvi se ostentans: Si quando loquitur, raucam edit vocem. Reddit & hominem amabilem & artium intelligentem, cum primis in Rhetoricis eximium. Prælaturarum & dignitatum jacturam parit. Novendecim legiones hunc audiunt.

ナベルス、またはケルベルスは勇敢な公爵であり、鶴の姿で出現し、嗄れた声で喋る。彼は人間を社交的にし、また、あらゆる学芸において賢くするが、特に修辞学に長けている。彼は失った宗教的地位や社会的地位を取り戻す。19個の軍隊が彼に従う。

(ヨーハン・ヴァイヤー『プセウドモナルキア・ダエモヌム』より)

『ゴエティア』のナベリウス!?

17世紀頃には成立していたと考えられている中世の魔法書『レメゲトン』の第1部「ゴエティア」にもナベリウスの記述がある。

NABERIUS. - The Twenty-fourth Spirit is Naberius. He is a most valiant Marquis, and showeth in the form of a Black Crane, fluttering about the Circle, and when he speaketh it is with a hoarse voice. He maketh men cunning in all Arts and Sciences, but especially in the Art of Rhetoric. He restoreth lost Dignities and Honours. He governeth 19 Legions of Spirits. His Seal is this, which is to be worn, etc.

ナベリウス:第24番めの悪霊はナベリウスである。彼は最も勇敢な公爵で、黒い鶴の姿で、魔法陣の周囲を羽ばたきながら出現し、嗄れた声で喋る。彼はあらゆる学芸、学術に関して人間を賢くするが、特に修辞学の技芸に長けている。彼は失った地位や称号を復活させる。彼は19個の悪霊の軍隊を統治する。これが身に付けるべき彼の紋章である。

ナベリウスの紋章
ナベリウスの紋章

(メイザース&クロウリィ『ソロモン王の小さな鍵 ゴエティア』より)