ムネーモシュネー

[ギリシア・ローマ神話]

名称 Μνημοσύνη(ムネーモシュネー)《記憶》【古代ギリシア語】
特徴記憶を司る女神。ゼウスとの間に芸術の女神ムーサを生んだ。
出典ヘーシオドス『テオゴニアー(神統記)』ほか

学問や芸術を生んだ記憶の女神!?

ムネーモシュネーはギリシア・ローマ神話に登場する「記憶」を象徴したティーターン族の女神。天空神ウーラノスと大地女神ガイアの娘で、クロノスやレアー、オーケアノスやテーテュースなどの兄弟である。ピーエリアにて、ゼウスと九夜続けて交わり、人々から苦しみを忘れさせるために、9人の女神たちを生んだ。それが芸術を司る女神ムーサたちである。

また、学問を始めようとするときには、ムネーモシュネーとムーサたちに祈りを捧げたという。

《忘却》の水と《記憶》の水!?

《記憶》のムネーモシュネーと《忘却》のレーテーはしばしば対の存在として描かれる。一部の神秘主義的な宗教においては、ムネーモシュネーと対になってレーテーの名前が挙げられている。レーテーは冥府を流れる忘却の河であり、その水を飲んだものは一切の記憶を忘れるという。一方、ムネーモシュネーの河の水を飲むと全てを記憶できるようになり、全知になると信じられた。ボイオーティア地方にあるトロポーニオスの神託所の傍らには、この2つの女神と同名の泉があり、神託を受ける者は、《忘却》と《記憶》の2つの泉の水を飲む必要があった。

《参考文献》