マルバス

[魔法書文献][悪魔学]

名称Marbas(マルバス),Barbas(バルバス)【ラテン語】
容姿ライオンの姿。
特徴地獄では長官。病を引き起こしたり治癒したりする。技師の技能に関する知恵や知識を与えてくれる。また、人間を変身させる。
出典『プセウドモナルキア・ダエモヌム』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『グラン・グリモワール(大奥義書)』(18世紀頃)ほか

技師たちの技を教えるライオン悪霊!?

マルバスはソロモン王が使役したとされる72匹の地獄の悪霊の1匹で、ヨーハン・ヴァイヤーの『プセウドモナルキア・ダエモヌム』や『ゴエティア』などの中世の魔法書文献に登場する。彼は地獄の長官で、36個の悪霊たちの軍隊を率いている。召喚すると逞(たくま)しいライオンの姿で出現するが、術者が望めば人間の姿をとることもできるという。

マルバスは隠されているものや秘密を明らかにしてくれる。また、病を引き起こしたり、それを治癒したりできる。また、技師の技能(※Mechanical Artsの適切な訳語が見つからないのでかなりの意訳!)に関する知恵や知識を教えてくれる。また、人間を他の姿に変身させてくれるという。

『グラン・グリモワール』では、魔王ルキフェルから現世の富と財宝の管理を任されている地獄の宰相ルキフェルに仕える悪魔として、多くの悪霊たちを率いる存在として描かれている。

『プセウドモナルキア・ダエモヌム』に登場するマルバス!?

魔術師アグリッパの弟子として知られるヨーハン・ヴァイヤーが著した『プセウドモナルキア・ダエモヌム(悪魔の偽王国)』では69匹の悪霊たちが紹介されている。そこで3番目に紹介されるのがマルバスである。

Marbas, alias Barbas, Præses magnus, se manifestans in fortissimi leonis specie, sed ab exorcista accitus humana induitur forma, & de occultis plene respondet, morbos invehit & tollit, promovet sapientiam artiumque mechanicarum cognitionem, homines adhæc in aliam mutat formã. Præest trigintasex legionibus.

マルバス、あるいはバルバスは偉大なる長官で、逞しいライオンの姿で出現するが、術者の命令で人間の姿をとる。秘密の事柄に関して真実を答える。彼は病を引き起こし、治癒する。技師の技能に関する知恵と知識を促進させる。彼は人間を他の姿に変身させる。彼は36個の軍隊の頭である。

(ヨーハン・ヴァイヤー『プセウドモナルキア・ダエモヌム』より)

『ゴエティア』に登場するマルバス!?

17世紀頃には成立していたと考えられている中世の魔法書『レメゲトン』の第1部『ゴエティア』にマルバスの記述がある。『ゴエティア』はソロモン王が使役したという72匹の悪霊について、その召喚の手順を具体的に記したもので、必要な呪文や魔法陣、72匹の悪霊たちのそれぞれの能力や紋章(シジル)、召喚に際しての注意事項などが書かれている。『ゴエティア』ではマルバスは5番目に紹介されている。

MARBAS.—The fifth Spirit is Marbas. He is a Great President, and appeareth at first in the form of a Great Lion, but afterwards, at the request of the Master, he putteth on Human Shape. He answereth truly of things Hidden or Secret. He causeth Diseases and cureth them. Again, he giveth great Wisdom and Knowledge in Mechanical Arts; and can change men into other shapes. He governeth 36 Legions of Spirits. And his Seal is this, which is to be worn as aforesaid.

マルバス:第5番目の悪霊はマルバスである。彼は偉大なる長官で、最初は巨大なライオンの姿で出現する。しかし、その後、術者の命令で人間の姿をとる。彼は隠されたものや秘密に関して真実を答える。病を引き起こし、それらを治癒する。また、彼は技師の技能に関する大きな知恵と知識を与える。また、人間を他の姿に変えることができる。彼は36個の悪霊の軍隊を統治している。彼の紋章はこれで、前述のとおり身に纏わなければならない。

(メイザース&クロウリィ『ソロモン王の小さな鍵 ゴエティア』より)

『グラン・グリモワール』に登場するマルバス!?

『グラン・グリモワール』によれば、地獄の組織としては、皇帝ルキフェル、皇子ベルゼブト、大公アスタロトの3人が筆頭にいて、そこに宰相ルキフゲ・ロフォカレ、総司令官サタナキア、司令官アグリアレプト、中将フレウレティ、准将サルガタナス、元帥ネビロスの6人が続く。そして、6人にそれぞれ3人ずつ、合計18人の悪霊が従っているという。マルバスはバエルアガレスとともにルキフゲ・ロフォカレに従っているという。

The first is the great Lucifuge Rofocale, the infernal Prime Minister who possesses the power that Lucifer gave him over all worldly riches and treasures. He has beneath him Bael, Agares and Marbas along with thousands of other demons or spirits who are his subordinates.

第1は偉大なるルキフゲ・ロフォカレで、地獄の宰相で、彼の持つこの世の全ての富と宝物を支配する力はルキフェルが彼に与えたものだ。彼は統治する。彼はその他の数千という悪霊たちとともに、部下としてバエル、アガレス、そしてマルバスを従えている。

(『グラン・グリモワール(大奥義書)』より)