レンオアム/リントヴルム

[スカンディナヴィア伝承]

名称 Lindorm(レンオアム)【デンマーク語】
Lindwurm(リントヴルム)【ドイツ語】
容姿巨大な蛇の怪物。元々は手足や翼がない竜だが、時代が下って飛竜のような姿で描かれることもある。
特徴スカンディナヴィア地方の竜。手足や翼はなく、空は飛ばない。海や川などに棲み人々を襲う。民話などでは呪いがかかった王子であることも。

大蛇型の竜!?

レンオアム/リントヴルムはスカンディナヴィア地方に古くから伝わる竜のこと。地方によって呼び名はさまざまであるが、lind(リン)は《しなやかな》、orm(オアム)は《蛇》を意味する。元々、古い時代の北欧の竜は翼も持たず、空も飛ばない「ワーム型」の竜であり、ドラーヴェ(Drage)が手足と翼を生やした空飛ぶ竜として描かれるのに対して、由緒正しき北欧のレンオアムも翼を持たず、空は飛ばない。

ノルウェーのレンオアムはシー・サーペントのように海に出現する巨大な蛇の怪物として知られ、中世の船乗りたちの間ではさまざまな目撃談が伝わっていた。また、オーストリアのクラーゲンフルト市の伝承ではリントヴルムは河の主として旅行者を襲っていたが、人々は牛を餌にこの怪物を釣り上げて退治したというから、これなんかは完全にワーム伝承の典型である。

スカンディナヴィア地方には「リントヴルム王子」という民話が伝わっている。この民話では、リントヴルムは魔女の言いつけを守らなかった王女から生まれた蛇の怪物であった。リントヴルムは国王に花嫁を探してくるように要求し、次々と若い女性が花嫁としてリントヴルムの棲む館に連れてこられた。しかし、女性たちはリントヴルムを愛さなかったため、次々とリントヴルムに食べられてしまった。あるとき、羊飼いの娘に白羽の矢が立った。しかし、彼女は魔女の助言を得てリントヴルムの呪いを解いた。リントヴルムはたちまち美しい王子の姿になり、めでたく二人は結ばれたという。ヨーロッパの伝承では、このように、しばしば呪いなどで人間が竜になるものがある。

元々は地を這う(あるいは水の中に棲息している)リントヴルムであるが、時代が下るに連れて、やがて稲光や流星などと関連付けられ、空飛ぶ竜へと変化していったようで、近年のロール・プレイング・ゲームの中ではワイヴァーンと同じように、飛竜の姿で描かれることが多い。

《参考文献》