レライエ

[魔法書文献]

名称 Leraje(レライエ)、Leraikha(レライカ)【ラテン語】
Loray(ロライ)、Oray(オライ)【ラテン語】
容姿緑の服をまとった狩人の姿。
特徴地獄では公爵。戦争を引き起こす。矢の傷を化膿させる。
出典『デーモン偽君主国』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『地獄の辞典』(1818~1863年)ほか

戦争を起こし、傷口を化膿させる!?

レライエは、ヨハン・ヴァイヤー(Johann Weyer)の『デーモン偽君主国(Pseudomonarchia Dæmonum)』やソロモン王が書いたとされる魔法書『レメゲトン(Lemegeton)』第1部「ゲーティア(Goetia)」に名前が挙げられている悪霊で、弓と矢筒を携え、緑の服に身を包んだ狩人の姿で出現する。

地獄では公爵の地位にあり、30個の悪霊の軍団を支配しているというが、彼は戦争や競争といった類いが大好きで、そういう争いを引き起こす。また、矢で射られた傷口を化膿させる能力がある辺り、非常に陰険な悪霊なのかもしれない。

『デーモン偽君主国』のロライ

Loray, alias Oray, magnus Marchio, se ostendens in forma sagittarii pulcherrimi, pharetram & arcum gestantis: author existit omnium præliorum, & vulnera putrefacit quæ à sagittariis infliguntur, quos objicit optimos tribus diebus. Triginta dominatur legionibus.

ロライ、またはオライは偉大なる侯爵で、弓と矢筒を携えた非常に立派な射手の姿で出現する。彼はあらゆる戦争の原因となる。また、射手によって作られた傷を悪化させ、三日三晩ひどく苦しませる。彼は30個の悪霊の軍隊を支配している。

(Johann Weyer『PSEUDOMONARCHIA DÆMONUM』より)

『レメゲトン』「ゴエティア」のレライエ

魔法書『レメゲトン』は、ソロモン王が書いたという触れ込みで広まったもので、その第1部「ゴエティア」には、ソロモン王が召喚し、使役したとされる72匹の悪霊が紹介されている。この書物は、16世紀のさまざまな文献をもとにつくられたもので、少なくとも17世紀初頭までは遡ることができる。この書物の中にはソロモン王が使役したという72人の悪霊たちの姿や性格、能力、召喚する際の魔方陣や注意点などが書かれている。

(14.) LERAJE, or LERAIKHA. - The Fourteenth Spirit is called Leraje (or Leraie). He is a Marquis Great in Power, showing himself in the likeness of an Archer clad in Green, and carrying a Bow and Quiver. He causeth all great Battles and Contests; and maketh wounds to putrefy that are made with Arrows by Archers. This belongeth unto Sagittary. He governeth 30 Legions of Spirits, and this is his Seal, etc.

(14)レライエ、あるいはレライカ 14番目の悪霊はレライエと呼ばれている。彼は優れた能力を持った侯爵で、弓と矢筒を持ち、緑の服に身を包んだ射手に似た姿を見せる。彼はあらゆる大きな戦いや争いを引き起こし、射手が放った矢によって作られた傷を化膿させる。彼は人馬宮に属しており、30個の悪霊の軍隊を統治している。これが彼の紋章である。

 

(Mathers & Crowley『GOETIA: The Lesser Key of Solomon the King』より)

『地獄の辞典』のロライ

Oray ou Loray, grand marquis des enfers, qui se montre sous la forme d'un superbe archer portant un arc et des flèches; il anime les combats, empire les blessures faites par les archers, lance les javelines les plus meurtrières. Trente légions le reconnaissent pour dominateur et souveriain.

オライ、ロライ 地獄の偉大な公爵で、弓矢を携えた偉大な射手の姿をしている。争いを引き起こし、弓矢による傷を悪化させ、致命傷を与えるジャベリン(投げ槍)を投げる。彼は30個の軍隊の支配者と見なされている。

(J. Collin de Plancy『Dictionnaire Infernal』より)