カミムスヒ

[記紀神話]

名称 神產巢日神(カミムスヒノカミ)〔古〕、神皇産靈尊(カミムスヒノミコト)〔記〕、神魂命(カムムスヒノミコト)、御祖命(ミオヤノミコト)〔出〕【日本語】
特徴天地開闢で3番目にこの世に出現した生成を司る神。国津神と結びつきの強い神。女神とも。国津神の祖神で、出雲大社を造らせた。
出典『古事記』『日本書紀』『出雲国風土記』ほか

生成を司る国津神の祖神!?

『古事記』の中で、天地開闢のときに、アメノミナカヌシ(天之御中主神)タカミムスヒ(高御產巢日神)に続いて、3番目にこの世に出現した神さま。この3柱の神々は「造化三神」と呼ばれる。ムスは生産や生成、創造を、ヒは霊力を意味しているので、タカミムスヒと対になって、「生成の霊力」を象徴する神さまとされる。『日本書紀』では一書の第四に登場するのみであるが、『古事記』や『出雲風土記』ではオオクニヌシ(大國主神)などの出雲の神々を助ける存在として活躍する。

カミムスヒは基本的には獨神であり、性別はないものとされているが、タカミムスヒと対になって表現され、しばしばタカミムスヒが男神、カミムスヒが女神として解釈されることもある。タカミムスヒは高天原(たかまのはら)でアマテラス(天照大御神)などを指揮する天津神(あまつかみ)のリーダー的存在であるのに対して、カミムスヒがオオクニヌシなどの出雲系神々を手助けする国津神(くにつかみ)のリーダー的な役割を持っており、タカミムスヒが男性的な性格を、カミムスヒが女性的な性格を持って、アメノミナカヌシを中心にそれぞれ対になって陰陽の働きをしていると解釈されるのである。

オオクニヌシを蘇生させ、出雲大社を造らせる!?

『古事記』において、オオクニヌシが兄たちに殺されたとき、カミムスヒはキサガヒヒメ(𧏛貝比賣)とウムギヒメ(蛤貝比賣)を派遣し、オオクニヌシを蘇生させている。また、オオクニヌシと一緒に国を造ったスクナビコナ(須久那美迦微)はカミムスヒの子とされている。『出雲国風土記』では御祖命(ミオヤノミコト)と呼ばれており、文字通り出雲系神話の神々の祖神として崇拝されている。出雲大社を造らせたのもカミムスヒで、高天原にある自らの宮殿に似せて地上に宮殿を造ったのだとされている。このように、カミムスヒは非常に国津神と結びつきの強い神さまである。