開明獸(カイミーンショウ)

[中国伝承]

名称開明獸〔Kāimíngshòu〕(カイミーンショウ)【中国語】
開明獣(かいめいじゅう)【日本語】
容姿虎の身体に9つの人間の顔を持つ。9つの尾を持つとも。
特徴天帝の宮殿の門番。開明門を守護する。
出典『山海経』ほか

天帝の宮殿を守護する神獣!?

中国神話では、天帝は崑崙山の宮殿に住んでいるという。その宮殿には9つの門があり、東側には正門である「開明門」がある。その「開明門」を守護しているのが開明獸(カイミーンショウ)である。予知能力があるとも言われている。

虎の身体に人間の顔がついていて9つの尾を持つとされる。あるいは虎のような巨体で人間の顔を9つ持つともされている。『山海経』の「海内西経」にも開明獸は登場するが、そこにつけられている挿絵では、人面の虎の怪物として描かれ、頭の部分には、さらに小さな8つの人間の顔が並んでいる。

《参考文献》