イザナキ

[記紀神話]

名称伊邪那岐神(イザナキノカミ)、伊邪那岐命(イザナキノミコト)〔記〕、伊弉諾尊(イザナキノミコト)〔紀〕【日本語】
特徴イザナミを妻にして国や多くの神々を産んだ。彼の禊ぎからアマテラス、ツクヨミ、スサノヲが生まれた。
出典『古事記』、『日本書紀』ほか

神々の父、イザナキ!?

イザナキ(伊邪那岐命)は記紀神話に登場する国造りの神さまである。兄弟であるイザナミを妻として、一緒に日本の島々を産んだ。また、山野、風、海などの自然を神格化した神さま、火の神さま、鉱山、陶芸、農業、製鉄に関わる神さまなど、さまざまな神さまを産んだ。そしてアマテラス(天照大御神)ツクヨミ(月讀命)、スサノヲ(須佐之男命)の三貴子を産み出した。まさに神々の父である。

イザナキとイザナミ、国造りを命じられる!?

天地開闢後、5柱の天別神は隠居し、神世七代という7代の神々の時代に入る。この段階で、最初は脂のようでクラゲのように漂っていた世界が、やがてしっかりとした世界へと変わって行く。その神世七代の7代目、最後の神さまがイザナキとイザナミである。

天津神たちは2柱の神に「この漂っている国を整えて、つくり固めなさい」と命じ、天沼矛(あまのぬぼこ)を与えた。そこでイザナキとイザナミは天浮橋(あまのうきはし)に立って、海をコオロコオロと掻き回した。矛を持ち上げると塩水が滴り、固まって島ができた。それが淤能碁呂嶋(おのごろじま)なのだという。これが世界最初の島である。この島が現在の日本のどこにあたるのかは分かっていないが、イザナキとイザナミはこの島に降り立った。そして島に天之御柱(てんのみはしら)を立てると、そこに八尋殿(やひろでん)という大きな建物を建てた。そして国産みが始まる。

イザナキ、超どストレートなプロポーズ!?

イザナキはイザナミに「あなたの身体はどんな風にできているのか」と切り出す。するとイザナミは「私の身体は、出来上がっていって出来上がっていないところが1か所だけある」と答えた。イザナキは「私の身体は出来上がっていって出来過ぎて余ったところが1か所ある。だから私の身体の出来余ったところであなたの出来上がっていないところを刺し塞いで国を産み出そうと思う。どうだろうか」と言うのだ。それに対してイザナミは「それはいい」と答えて国産みが始まるのである。何というか、イザナキ。大胆でストレートである。

国産みの失敗……そして成功!?

そして結婚の儀式が始まる。天之御柱をイザナキは左から、イザナミは右から回っていき、そして出会いがしらにイザナミは「ああ、何と素敵な男性か」と言った。イザナキもそれに答えて「ああ、何と素敵な女性か」と言って子供をつくった。しかしこの子作りは失敗だった。最初に生まれてきたのはヒルコ(水蛭子)だった。しかし不具だったため、葦の船に乗せて流してしまった。次に生まれたのはアハシマ(淡嶋)で、これもイザナキとイザナミの子供には数えない。

彼らは国産みが失敗したことを天津神たちに相談する。占いの結果、結婚の儀式で最初に女性が声をかけたのが悪かったと分かる。そこで、また2柱の神は淤能碁呂嶋に降り立って、天之御柱の回りを回って、今度はイザナキから「ああ、何と素敵な女性」と声をかけた。そして子供をつくった。こうして、8つの大きな島国(淡路島、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、本州)と6つの島々がうまれる。これが現在の日本である。

神産みとイザナミの死!?

国産みに続いて、イザナキとイザナミは神産みを始める。石の神や家の神、海や河川、水の神、風の神、木や草の神、山や谷、野の神、船の神、穀物の神など、実にたくさんの神々を彼らは産み出す。ところが、最後に火の神であるカグツチ(迦具土神)を産んだときに、イザナミは陰部に大火傷を負う。苦しむイザナミの身体から鉱山の神、粘土の神、農業の神、食物の神が生まれたという。そして苦しみの末、イザナミは死んでしまった。これに怒ったイザナキは泣きながら十拳劒(とつかのつるぎ)でカグツチの頭を斬り殺すと、出雲國と伯伎國の間にある比婆之山(ひばのやま)にイザナミを埋葬したという。イザナキの涙からは葬儀の神が、そして殺されたカグツチの死体や血液からも、製鉄や山に関係する多数の神々が誕生している。

イザナキ、黃泉國へ行く!?

イザナキは死んだイザナミに会いたくなり、死者の国である黃泉國(よみのくに)に会いに行くことにする。そして黃泉國の御殿でイザナミに戻ってくるように言った。しかしイザナミは黃泉國の食べ物を食べてしまったことを告白する。どうやら、黃泉國の食べ物を食べると生き返れないルールがあるらしい。しかしイザナキがわざわざ会いに来たというので、黃泉神(よみのかみ)と相談すると言って、イザナミは決して覗かないように言い置いて、黃泉國の御殿の奥へ戻っていった。しばらく待っていたイザナキだったが、様子が気になり、つい覗いてしまう。すると、イザナミは腐敗し、身体からウジが湧き、ヤクサノイカヅチ(八雷神)に囲まれていた。驚いたイザナキは慌てて逃げ出した。イザナミは「よくも私を辱めてくれたな!」と怒り心頭で、ヨモツシコメ(豫母都志許賣)と一緒になってイザナキを追いかける。これは、もう壮絶である。

逃げるイザナキは、頭にかぶっていた黑御𦆅(くろみかづち:冠のこと)を投げると、そこからブドウが実った。ヨモツシコメがそれを食べている間にイザナキはさらに逃げた。しかし追いつかれてしまったので、今度は頭に差していた湯津津間櫛(ゆつつまぐし)の歯を折って投げつけた。するとそこからタケノコが生えてきた。ヨモツシコメが食べている間にイザナキは逃げた。今度はヤクサノイカヅチやヨモツイクサ(黃泉軍)まで追ってきた。黃泉國と葦原中國の間にある黃泉比良坂(よもつひらさか)まで来たところに桃の木がはえていたので、イザナキは桃をもいで投げつけた。するとヤクサノイカヅチとヨモツイクサは逃げていった。そして、そうこうしているうちに、ついにイザナミが追いついてきた。イザナキは千引石(ちびきのいは)で黃泉比良坂を塞いだ。そしてイザナミに離別を言い渡した。イザナミは「愛する人よ、こうなったら私は毎日、1,000人の人を殺しましょう」と呪った。イザナキは「それなら私は1日に1,500人の産屋を立てよう」と答えた。こうして、人は死ぬこととなり、それ以上に人は生まれるようになったというのである。これ以来、イザナミは黃泉國の支配者となり、黃泉津大神(ヨモツオオカミ)と呼ばれ、人を殺す存在となったのである。

黃泉の穢れを落としたら、アラテラスたち三貴子が誕生!?

さて、黃泉國から戻ったイザナキは「穢れた国に行ったものだ」と思って、禊ぎ(みそぎ)をすることにした。そして川で穢れを落とすと、ここでもさまざまな神々が生まれた。陸路と海路の神さまや航海の神などが生まれた。また、穢れからは災いの神、それを治す神も生まれた。最後に左目を洗うとアマテラスが、右目を洗うとツクヨミが、そして鼻を洗うとスサノヲが生まれたのである。この3柱の神さまは「三貴子」といい、イザナキはアマテラスに高天原を、ツクヨミに夜を、そしてスサノヲに海原を治めるように命じたという。