イブリース

[イスラーム]

名称 إبليس‎(イブリース)【アラビア語】
الشيطان‎(アッ・シャイターン)【アラビア語】
容姿実体はなく、変幻自在。一般的には額に角を生やしたたくましい男性。赤い肌で描かれることが多い。
特徴イスラームの魔王。神が最初の人間アーダムに跪(ひざまず)くように命じたが、これを拒んだため、天界を追放された。ジンニーたちの親玉。
出典『アル=クルアーン(コーラン)』ほか

人々を惑わすイスラーム世界の魔王!?

イブリースはイスラームに登場する魔王である。イスラームの聖典『アル=クルアーン(コーラン)』によれば、『アル=クルアーン』によれば、唯一神アッラーフ天使(マラク)たちを光から、そして妖霊(ジンニー)たちを煙の立たない炎から創った。その後、アッラーフの地上の代理人として、最初の人間アーダムを土と水から創った。アッラーフは天使たちやジンニーたちに、アーダムに跪(ひざまず)くように命じたが、イブリースだけはこれを拒否し、アッラーフを怒らせた。アッラーフはイブリースを罰しようとしたが、イブリースはアッラーフに猶予を請い、聞き入れられた。そして、最後の審判の後に地獄の業火によって焼かれるまでは地上の人々を惑わせてやろう、と誓ったという。イブリースはこうして天界を追放されたのである。

イブリースは元々は天使だったとされるが、ジンニーたちの親玉ともされ、ジンニーであるとも説明される。この辺は必ずしも明確ではない。ジンニーたちは自由意思を与えられており、イブリースに従ったジンニーたちはシャイターンと呼ばれ、イブリースとともに人間に敵対する悪魔となった。