ガンダルヴァ

[インド神話]

名称 गन्धर्व〔Gandharva〕(ガンダルヴァ)【サンスクリット】
乾闥婆(乾闼婆)〔qiántàpó〕(チエンターポー、けんだつば)【中国語/日本語】
容姿上半身は人間、下半身は鳥の姿。背中には翼がある。
特徴山野の精。インドラに仕え、天界では音楽を奏でる役目がある。水の精アプサラスを妻にしている。
出典『リグ・ヴェーダ』ほか

半人半獣の天上界の楽師!?

ガンダルヴァは古代インドの神話に登場する山野の精霊。上半身は赤くたくましい男性で、下半身は黄金の鳥の姿をしている。頭には角をはやしていて、背中には翼をはやしている。彼らは植物を司る一族で、雷霆神インドラに仕えているが、それぞれが水の精霊であるアプサラスたちを妻に娶り、バンヤンという聖樹に棲んでいる。ガンダルヴァは天上界では楽師であり、美しい音楽を奏でて神々を楽しませる。妻であるアプサラスたちは踊り子として神々を楽しませる役目を負っている。ガンダルヴァは香りを食べ、自ら強烈な香りを放っている。しかしながら、性格は好色で、しばしば処女を好む。

ガンダルヴァは仏教にも取り入れられ、「乾闥婆(けんだつば)」と音訳された。仏法を守る音楽神である。かつてはギリシア・ローマ神話のケンタウロスと同語源とする説もあったが、現在では疑問視されている。

《参考文献》