クピードー

[ギリシア・ローマ神話]

【言語】 Cupido(クピードー),Amor(アモール)【ラテン語】
 Cupid(キューピッド)【英語】

子供の姿をした愛の神さま

クピードーはローマ神話に登場する愛の神さまのこと。英語のCupid(キューピッド)という表記の方が有名かもしれない。アモールとも呼ばれる。背中に翼をはやした天使のような姿で描かれる。恋の炎を燃え上がらせる黄金の矢と反対に恋心を打ち消してしまう鉛の矢を持っていて、これらの矢を用いて人々に恋心を抱かせたり、冷淡にさせたりする。この矢の威力にはほかの神々も従わざるを得ない。ギリシア神話のエロースと同一視されるが、クピードーはもっぱら幼児の姿で描かれる。もともとはエロースと同様に髭をはやした若々しい男性で想像されていたようだが、時代が下って幼児の姿になったのである。