アンドレアルプス

[魔法書文献][悪魔学]

名称Andrealphus(アンドレアルプス)【ラテン語】
Andrealphus(アンドレアルフス,アンドレアルフース)【英語】
容姿孔雀の姿をした悪霊。その後、人間の姿になる。
特徴幾何学、測量、天文学の分野に強い。また、人間を鳥に変身させることができる。
出典『ゴエティア』(17世紀)ほか

幾何学と測量学、天文学に強い孔雀の悪霊!?

アンドレアルプスは17世紀頃に成立したと考えられる魔法書『ゴエティア(Goetia)』に登場する悪霊。この本にはソロモン王が使役した72匹の悪霊が記載されていて、召喚方法や特徴なんかがまとめられている。それによると、召喚すると騒々しい音とともに孔雀(くじゃく)の姿で出現するという。しかし、しばらくすると人間の姿に変身するようだ。彼は幾何学、測量学、天文学について詳しく、これらを召喚者に教えてくれるという。また、アンドレアルプス自体が孔雀の姿をしていることもあってか、召喚者を鳥の姿に変身させることもできるという。

アンドレアルプスは地獄では侯爵の位に就いていて、30個の悪霊の軍隊を率いているらしい。

アンドレアルプスの紋章

ANDREALPHUS. - The Sixty-fifth Spirit is Andrealphus. He is a Mighty Marquis, appearing at first in the form of a Peacock, with great Noises. But after a time he putteth on Human shape. He can teach Geometry perfectly. He maketh Men very subtle therein; and in all Things pertaining unto Mensuration or Astronomy. He can transform a Man into the Likeness of a Bird. He governeth 30 Legions of Infernal Spirits, and his Seal is this, etc.

アンドレアルプス:第65番目の悪霊はアンドレアルプスである。彼は強力な侯爵であり、初めは孔雀の姿で、騒々しい音とともに出現する。しかし、しばらくすると人間の姿をとる。彼は幾何学を完全に教えられる。彼は幾何学の分野と測量学や天文学に関するあらゆる物事について人間を非常に賢くする。彼は人間を鳥のような姿に変身させることができる。彼は30個の地獄の悪霊の軍隊を統治していて、これが彼の紋章である。

(メイザース&クロウリィ『ソロモン王の小さな鍵 ゴエティア』より)

※ちなみに、しばしばアンドロアルプスの絵として紹介される下のブルトンの版画。騾馬(らば)の身体に孔雀の羽がはえているが、実はこれ、本当は「アドラメレク」の挿絵として描かれたもの。勘違いされて紹介されることがあるので要注意。

ブルトンの描くアドラメレク

《参考文献》