悪路王(アクロオウ)

[日本伝承]

名称悪路王(アクロオウ)【日本語】
容姿巨人。
特徴岩手山に巣食う鬼の頭領。坂上田村麻呂に討伐された。

東北で暴れ回る鬼たちの頭領!?

悪路王(アクロオウ)は岩手県の岩手山に棲んでいた鬼の頭領である。残虐な巨人で、赤頭や高丸などの鬼と一緒になって村々を襲って暴れ回り、乱暴狼藉を働いて人々を苦しめたという。桓武天皇は坂上田村麻呂を征夷大将軍に命じると、蝦夷征伐の勅を下した。悪路王たちは岩手県の西磐井郡平泉町にある達谷窟を根城に籠城して応戦したが、遂に坂上田村麻呂に成敗された。田村麻呂に刎ねられた悪路王の首は秋田まで飛び、鬼首という地名の由来になったという。また、田村麻呂は悪路王の首を茨城県桂村の鹿島神社に奉納したとされ、現在でも首を模した木像が祀られている。

悪路王ら鬼たちの正体は、大和朝廷に激しく抵抗した蝦夷の酋長たちのことだとされており、悪路王は大墓公阿弖利爲(たものきみあてりい)、赤頭も磐具公母礼(いわぐのきみもれ)のことだと解釈されている。

《参考文献》