アッコロカムイ

[アイヌ伝承]

名称アッコㇿカムイ(At-kor-kamuy)《紐を持つ神》【アイヌ語】
容姿巨大なタコの怪物。
特徴船や鯨を丸呑みにする。出没するときには海も空も真っ赤に染まる。

噴火湾に棲む巨大な湾の主!?

アッコロカムイはアイヌ伝承に登場する巨大な海の怪物。北海道の内浦湾(噴火湾)に棲んでいて、湾の主とされる。非常に巨大で、船や鯨を丸呑みにしてしまう。アッコロカムイが出現すると、海だけでなく、空まで体色を反射して赤く染まったという。人々は海や空が赤く染まると海には決して近づかず、漁に出るときには用心のために大鎌を携帯した。

かつて、レブンゲ(虻田郡豊浦町字礼文華)に巨大なクモの怪物「ヤオシケプ」が出没し、土地を荒らし回ったという。ヤオㇱケㇷ゚(Ya-oske-p)とは《網を編む者》という意味。恐れおののく人々の声を聞いた海の神レプンカムイ(Rep-un-kamuy)は人々を救うため、この怪物を海に引き取ることとした。こうしてヤオスケプは姿をタコに変え、アッコロカムイになったのだという。

《参考文献》