アカングヮーマジムン

[日本伝承]

名称アカングヮーマジムン《赤ん坊の魔物》【沖縄方言】
容姿赤ん坊の姿。
特徴ハイハイで人の股をくぐり、魂を奪う。

この赤ん坊に股をくぐられると魂を奪われる!?

アカングヮーマジムンは沖縄県の伝承に登場する魔物。赤ん坊の姿をしていて、ハイハイで移動する。この魔物に股の下をくぐられると魂を奪われ、死んでしまうとか、どうしようもない腰抜けになると信じられている。

マジムンといえば沖縄の言葉で《魔物》という意味で、沖縄には実にいろいろな種類のマジムンが棲んでいるとされる。アヒルや牛、豚などの動物の姿をしたマジムンが多いが、珍しいものでは、杓文字(しゃもじ)などの器物のマジムンもいる。アカングヮーマジムンのアカングヮーというのは沖縄の言葉で《赤ん坊》という意味。死んだ赤ん坊の霊がこのマジムンになるとされる。

股の下をくぐろうとする妖怪の類いは、沖縄県のほかにも、鹿児島県の奄美大島、徳之島などでよく見られる。こういう妖怪の対処法は決まっている。左右の足を交差させておけば、彼らは股の下をくぐれず、逃げ出してしまうのである。

《参考文献》