アガレス

[魔法書文献][悪魔学]

名称Agares(アガレス)、Agreas(アグレアス)【ラテン語】
容姿色白の老人。クロコダイルに跨り、拳には大鷹を乗せている。
特徴留まるものを動かし、逃げ去るものを引き戻す。聖俗の威厳を破壊し、地震を引き起こす。あらゆる言語を教える。
出典『プセウドモナルキア・ダエモヌム』(1577年)、『ゴエティア』(17世紀頃)、『グラン・グリモワール』(18世紀頃)ほか

地震を引き起こす老いたる悪霊!?

アガレスはソロモン王が使役したとされる72匹の地獄の悪霊の1匹で、ヨーハン・ヴァイヤーの『プセウドモナルキア・ダエモヌム』や『ゴエティア』などの中世の魔法書文献に登場する。

彼は地獄の公爵で、31個の悪霊たちの軍隊を率いているという。彼は色白の老人で、術者が召喚すると、クロコダイルに跨(またが)り、その拳には大鷹をとまらせた姿で出現するという。しかし、その恐ろしい眷属たちとは裏腹に、アガレスは非常に穏やかな風貌をしているのだという。彼は留まろうとしているものを動かし、逃げ去ったものを取り戻す能力がある。また、あらゆる言語をたちどころに教えてくれるという。聖俗を問わず、あらゆる威厳を破壊することができる。また、地震を引き起こす能力を持っているというから、72匹の悪霊の中では恐ろしい部類に入る。

彼がまだ天使だった頃には、力天使(ヴァーチャー)の位に属していたという。ディオニュシオス・ホ・アレオパギテースの『天上位階論』(15世紀頃)によれば、力天使は「天使の九階級」の上から5番目の位で、天体の動きを監督していたというので、アガレスもそういう仕事をしていたのかもしれない。

また、『グラン・グリモワール』では、魔王ルキフェルから現世の富と財宝の管理を任されている地獄の宰相ルキフゲ・ロフォカレに仕える悪魔として、多くの悪霊たちを率いる存在として描かれている。

ブルトンの描いたアガレス
ブルトンの描いたアガレス

『プセウドモナルキア・ダエモヌム』に登場アガレス!?

魔術師アグリッパの弟子として知られるヨーハン・ヴァイヤーが著した『プセウドモナルキア・ダエモヌム(悪魔の偽王国)』では69匹の悪霊たちが紹介されている。そこで2番目に紹介されるのがアガレスである。

Agares Dux primus sub potestate Orientis, apparet benevolus in senioris hominis forma, equitans in crocodilo, & in manu accipitrem portans. Cuncta linguarum genera docet optime: fugitantes reverti facit, & permanentes fugere: prælaturas & dignitates dimittit, & tripudiare facit spiritus terræ: & est de ordine Virtutum, sub sua potestate habens triginta & unam legiones.

アガレスは東方を支配下に置く第1の公爵で、穏やかな色白の老人の姿で、クロコダイルに跨がり、片手に鷹を連れて出現する。あらゆる種類の言葉を効果的に教える。留まるものを遠ざけ、逃げ去ったものを引き戻す。また、聖職者の威厳を取り払い、大地の精霊たちを踊らせる(訳注:地震を引き起こすの意味か?)。力天使の地位にあり、31個の軍隊を統治している。

(ヨーハン・ヴァイヤー『プセウドモナルキア・ダエモヌム』より)

『ゴエティア』に登場するアガレス!?

17世紀頃には成立していたと考えられている中世の魔法書『レメゲトン』の第1部『ゴエティア』にもバエルの記述がある。『ゴエティア』はソロモン王が使役したという72匹の悪霊について、その召喚の手順を具体的に記したもので、必要な呪文や魔法陣、72匹の悪霊たちのそれぞれの能力や紋章(シジル)、召喚に際しての注意事項などが書かれている。『ゴエティア』でもアガレスは2番目に紹介されている。

AGARES. - The Second Spirit is a Duke called Agreas, or Agares. He is under the Power of the East, and cometh up in the form of an old fair Man, riding upon a Crocodile, carrying a Goshawk upon his fist, and yet mild in appearance. He maketh them to run that stand still, and bringeth back runaways. He teaches all Languages or Tongues presently. He hath power also to destroy Dignities both Spiritual and Temporal, and causeth Earthquakes. He was of the Order of Virtues. He hath under his government 31 Legions of Spirits. And this is his Seal or Character which thou shalt wear as a Lamen before thee.

アガレス:第2番目の悪霊はアグレアスあるいはアガレスと呼ばれる公爵である。彼は東方を支配下に置いていて、色白の老人の姿で、クロコダイルに跨り、大鷹を拳に乗せ、しかし穏やかな風貌で出現する。彼は留まっているものを動かし、逃げ去ったものを取り戻す。彼はあらゆる言語をたちどころに教える。彼は聖俗問わず威厳を破壊する能力と地震を引き起こす能力も持っている。彼はかつて力天使の地位にあった。31個の悪霊の軍団が彼の統治下にある。そしてこれが胸飾りとして汝が胸の前に身に着けるべき彼の紋章と記号である。

アガレスの紋章
アガレスの紋章

(メイザース&クロウリィ『ソロモン王の小さな鍵 ゴエティア』より)

『グラン・グリモワール』に登場するアガレス!?

『グラン・グリモワール』によれば、地獄の組織としては、皇帝ルキフェル、皇子ベルゼブト、大公アスタロトの3人が筆頭にいて、そこに宰相ルキフゲ・ロフォカレ、総司令官サタナキア、司令官アグリアレプト、中将フレウレティ、准将サルガタナス、元帥ネビロスの6人が続く。そして、6人にそれぞれ3人ずつ、合計18人の悪霊が従っているという。アガレスはバエルマルバスとともにルキフゲ・ロフォカレに従っているという。

The first is the great Lucifuge Rofocale, the infernal Prime Minister who possesses the power that Lucifer gave him over all worldly riches and treasures. He has beneath him Bael, Agares and Marbas along with thousands of other demons or spirits who are his subordinates.

第1は偉大なるルキフゲ・ロフォカレで、地獄の宰相で、彼の持つこの世の全ての富と宝物を支配する力はルキフェルが彼に与えたものだ。彼は統治する。彼はその他の数千という悪霊たちとともに、部下としてバエル、アガレス、そしてマルバスを従えている。

(『グラン・グリモワール(大奥義書)』より)